じゅんりなブログ

ブログトップ | ログイン

秘湯高天ヶ原温泉からの嵐の下山

秘境の秘湯高天ヶ原温泉です。

高天ヶ原温泉
飛騨山脈(北アルプス)水晶岳の麓、黒部川支流・温泉沢沿いの標高約2,100 mの場所に位置する。山奥であることから徒歩(登山)でしか行くことができず、またどの登山口からも距離があるため1日でたどり着くことは困難で、通常は途中の山小屋で1泊を要する。このようなアクセスの困難さゆえに「日本一遠い温泉」と呼ばれることもある。
Wikipediaより引用
d0110562_09540739.jpg

d0110562_09540827.jpg

d0110562_09540814.jpg

今年は3度も高天ヶ原温泉に訪れる機会に恵まれました。

ゴールデンウィークにスキーで滑ってきた事が何だか随分と過去のことの様に感じます。
d0110562_09540907.jpg

今回は温泉マニアを自称するお客様(日本には温泉が1300以上もあるらしく、彼はすでに700以上の温泉に入浴しているらしい。時には1日に4〜5箇所の温泉をめぐる時もあるとか。)もツアーに参加しており、秘湯と温泉マニアの定義を静かに熱く語ってくれました。

彼は高天ヶ原温泉を一人で1時間以上入浴を楽しんでました。秘湯を楽しみまくりですね。喜んでいただけて僕も嬉しいです。
d0110562_09541029.jpg

余談ですが、高天ヶ原温泉は富山県にあるんですが、ケロリンの製薬会社も富山県なんですよね。

最近僕もケロリン桶が欲しくなってきました。
ケロリン桶持参で全国の秘湯を巡る。そんな旅も良いかもしれない。
d0110562_09541162.jpg

その夕方からの天気が最悪で、温泉沢から読売新道に行く予定だったけど、激しい風雨と増水で温泉沢を諦め、無難?に黒部源流から新穂高温泉へ。
d0110562_09541221.jpg

d0110562_09541338.jpg

いつも水量がチョロチョロな黒部源流が濁流になってるのにはチョットドキドキしましたが、度々の渡渉も無事通過できてホッとしたな。
d0110562_09541443.jpg

嵐の日の対応ほど小屋の良し悪しを感じます。

双六小屋。
流石はヤマケイ山小屋ランキングナンバー2。

小池社長。いつも気持ち良く迎えてくれてありがとうございます。
もうこれ以上飲めませんから。
d0110562_09541461.jpg


# by snowspyder30 | 2016-09-19 09:08 | 山のお仕事

社員旅行で立山へようこそ

「昨日流星すごかったよね」と知らない人が隣で話しているのを聞いて、そういえば昨日の晩(今朝?)、私も流星の夢を見てすごかったのを思い出していたRINAです。

8月の流星群の時のことです。

外へ出なくても見れましたよ!
雷鳥荘の布団の中で(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は3名様のプライベートガイドです。
なんと、聞けば社員旅行だって言うじゃないですか!
初耳です。
コンパニオンいなくていいですか?

それなら私がコンパニオンに!(;´∀`)

なんせ皆さん初登山。
でも立山を頑張って1日で縦走します!

しかし社員旅行に登山なんて、なんて健康的な会社でしょ。
社長の選択、社員の健康を想って?!とてもお優しい方なんですね!笑

天気は下り坂ではありますが、
そんな日だから出会える雲のアート。
d0110562_18254817.jpg

夜明けとともに雷鳥荘を出発し、こんな角度で太陽が山を照らします。
d0110562_18280603.jpg

やり切った1日の最後には、この3人の顔がどんな風に変わるか楽しみ!
d0110562_18284433.jpg

まずは雄山まで頑張ったところ。
d0110562_18304449.jpg
順調そうに見えます!
が、実は、、、
「こんな本格的な登山道があるとは想像もしていなかった」と。
あららら・・・なめてますね(笑)。
がんばりましょ!

そして私は、初めて雄山神社で祈祷(お祓い)してもらいました。
d0110562_18321752.jpg
数えきれないほど来ているのに!
社員旅行御一行様のお陰です。

ちなみにこの山頂の石は、元々ここにはなかった丸っこい石。
これらは登山の前に、河原などで拾った石に願いを書いて置いていくという風習があるそうです。
中部山岳国立公園なのに、地質が変わっていいのかな?なんて変な疑問を持ちましたが(笑)。

大汝休憩所で鋭気を養っていただき、再出発。
映画「春を背負って」の舞台になったことをご存知で良かった!
d0110562_20043619.jpg

だいぶ疲お疲れのご様子。
d0110562_20074493.jpg
でも色づき始めたナナカマドの美しさや
d0110562_20085221.jpg

今年生まれた雷鳥の兄弟に遭遇できて、
d0110562_20090844.jpg


だんだん「疲れハイ」になってきたようです(笑)。
d0110562_20101016.jpg
トランス状態っていうのでしょうか?!
滅茶苦茶笑っています。

そして雷鳥荘前485段の階段を登り終えた時の、この表情。
d0110562_20143642.jpg
ねっ!
出発前より活き活きしてるでしょ!!

初めての登山、大変お疲れ様でした。
本当にやり切りました。

早速来年の社員旅行の日程を決めろと、みんなで押し付け合って責任のなすり合いをしていたところがウケました。
また立山縦走リベンジしますとおっしゃっていましたが、
社交辞令とわかりつつも、何だか嬉しかったです!
(いや、社交辞令ではない??)
また来年も、浄土山はカットでね!!!

今日は雷鳥荘でゆっくりお休みください。

本当にありがとうございました。

RINA






# by snowspyder30 | 2016-09-12 21:08 | 山のお仕事

秋晴れジャンダルム

今回は山岳Ⅱの先輩ガイドのMNBガイドとジャンダルムガイド。

山岳Ⅱのガイドとお仕事をご一緒する機会に恵まれてチョットラッキー。
d0110562_09035245.jpg

d0110562_09035311.jpg

d0110562_09061362.jpg


天気に恵まれて凄く気持ちの良い穂高連峰でした。
# by snowspyder30 | 2016-09-12 20:46 | 山のお仕事

活火山・焼岳!

JUNがツーブロックにヘアーカットして、ちょっと嬉しいRINAです。

実は、中学生の頃からツーブロックの男の子が大好きでした(笑)。
サイドから覗くあの感じとジャリジャリ感がいいんです。

今日このブログを見て、きっと冬の男性客はみ~んなツーブロックにしてくること間違いなしです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつだったかな?!笑
晴天の焼岳に行ってきました。
d0110562_16330197.jpg

スタッフ合わせて総勢41名!!!
全然まとまらないかとの心配をよそに、
お陰様でとても雰囲気の良いパーティでした。

この日の1週間前、私はガイド協会のライセンス更新研修で
上高地・焼岳周辺の地学・地質について、みっちり勉強してきたタイムリーなところでした。

ちょっとだけうんちくを語ると、
焼岳は約2700年前に最後のマグマを噴出し、
それ以降は水蒸気爆発を度々繰り返している活火山です。
上部一帯は溶岩ドームを形成。

焼岳火山群は、約12000年前にその様相ができたといわれています。
当時噴火を繰り返し、上高地周辺に湖ができ、7000年ほど前まで岳沢カール中腹辺りまで湖だったそうです。

でもガイド中38名様を目の前に、このようなうんちくを話している場合ではありません(笑)。
みんな必死ですから!
d0110562_16563763.jpg
写真の中で点に見える人々も、同じパーティです。
声は届かないけれど、頑張れ~!

d0110562_16581370.jpg
山頂は本当に賑やか。
同じ日JUNがガイドしている穂高連峰もバッチリ、無線も筒抜けでした!

火山岩などからできる山の怖さは、落石です。
慎重に。
d0110562_16595006.jpg
こちらも慎重に。
d0110562_17075263.jpg

日帰り登山ではなかなか全員とは交流ができないものの、この一体感は素晴らしかったです!
d0110562_17082352.jpg
日帰りで集合写真って、なかなか撮れないんですよ~。
時折、「私がブログに写っていなかった」
とお叱り(駄々)を受けることがあります(笑)。
「どアップ写真でお願いね」とか、
西日本の方は、目立ちたがり屋さんが多いんですね!
まだ「顔は写さないでください」という方には出会っていません。

私も楽しく充実した1日でした。
また明日から頑張りましょう~!

ありがとうございました。

RINA

# by snowspyder30 | 2016-09-10 23:44 | 山のお仕事

早出早着

山って午後はお天気が悪くなりやすいんですよ。

せっかく山に行くのに、展望の良い頂上でガスガスとか、雨ってガッカリだよね。

そーならないためには早朝出発って凄く大事。

今日は朝から晴れで、お昼過ぎから強雨の予報。

槍沢ロッジ3:00出発です。
d0110562_13220241.jpg

晴天無風の天狗池。

美しー!

出発が早くてぶーぶー言ってたお客様も大喜び!
d0110562_13220382.jpg


d0110562_13220417.jpg

笠ヶ岳もよ〜く見えました!
d0110562_13220542.jpg

南岳から〜
d0110562_13220638.jpg

中岳行って
d0110562_13220781.jpg

おおばみ岳を越えれば
d0110562_13220862.jpg

みんなの心のふるさと槍ヶ岳。

12:30頃登頂!

気になる強雨は14:30頃からでしたー!
d0110562_13220998.jpg

今回もレインウェア着ずに済みました。
# by snowspyder30 | 2016-09-05 20:01 | 山のお仕事