じゅんりなブログ

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:バックカントリーツアー( 108 )

JUNRINA×八甲田山ガイドクラブ コラボツアー催行決定!

2018シーズンもやります!

JUNRINA×八甲田山ガイドクラブ コラボツアー催行決定!

3月16日(金)~18日(日)
d0110562_13153532.jpg
d0110562_13060158.jpg
JUNRINAバックカントリー
JUNRINA×八甲田山ガイドクラブ コラボツアー詳細はこちら
https://www.junrina.com/hakkoda
d0110562_13161005.jpg
d0110562_13195001.jpg
※現地までの飛行機・八甲田山荘宿泊はJALパックがお得で便利です。
※1泊2日でご参加のお客様はご相談ください。

ご予約おまちしています!

by snowspyder30 | 2017-12-12 13:33 | バックカントリーツアー

旭川に遊びに行こうよ!

朝起きた瞬間、「昨日、車のキーどうしったけ?」と気になり、バッグや服のポケットを探したけれど見つからず気落ちしていたところ、「あっ!昨日ディーラーに預けたんだ」と思い出して、朝からハッピーな気持ちになったRINAです。

さて、現在のバックカントリースキーヤー・スノーボーダーの皆さんが考えていることは、ただひとつ、
雪、降らないかな~
だと思います。

この時期はだいたい初滑りを終えている私ですが、今年はまだです。

雪の便りが届き始めるとソワソワして、計画を立てよう!という気持ちになる人も多いと思います。

雪は、突然やってきます!!
気持、大切です。
祈りましょう!!

というわけで、RINAと一緒に年末を旭川周辺で楽しみませんか?
d0110562_16075606.jpg
これは2シーズン前のバックカントリーエリアでのパフパフです。
いいでしょう~(笑)?

昨シーズンはゲレンデには雪が少なかったのですが、国道からちょっと脇に入っていくと、いいところは沢山ありました!

昨シーズンのレポートはコレコレ

今シーズンも、エトリックスこと餌取現地ガイドにお世話になります。
ローカルな峠など、人の少ないベストなコンディションもねらい目です!

行程
●12月28日
旭川空港へ最終便に合わせてガイド車でお迎えに上がります。
駅など別のプランの方はご相談ください。
旭川市内で夕食をし、各ご予約の市内ホテルまでお送りします。
(お勧めは、旭川ビジネスホテルやホテルKANADAです)

●12月29日
朝、各ホテルへピックアップ。
午後までコンディションの良さそうなスキー場とスキー場周りのオフピステで遊びます(ガイドRINA)。
温泉に入り、宿泊先エトハウスへ(ツアー代金に含む)
(夕食はおでん屋えとりで。ツアー代金に含む。30日になる場合あり)

●12月30日
現地ガイドとバックカントリーで1日遊びます。
ローカルな場所へ行けるかも。
夕食はみんなで美味しいものを食べに行きましょう(個別精算)。
エトハウス泊

●12月31日
スキー場とスキー場周りのオフピステで遊びます(ガイドRINA)。
温泉などに寄り、夕方~夕方以降旭川空港又は旭川駅へお送りします。
(時間や場所はご相談ください)

詳細はJUNRINAのHPもご覧ください。
ただし、一部に誤りがあります。
数日のうちに訂正しますのでご了承ください。

飛行機往復と到着日の1泊分は、ご自身でご予約していただきます。
ご不明な点はお問い合わせください。
前後を前入り・延泊される方もいらっしゃいます。
募集ツアーは28日夜に旭川集合となっておりますが、
その前からINするのもOKです。
私も前入りしています。
現在のところ、28日朝から2名様とご一緒させていただきますので、
ぜひお問い合わせください!
臨機応変に対応いたします。
旭川周辺は、すべてガイド車での送迎付きです。

また、私は元旦よりニセコに滞在予定です。
ニセコの現地ガイドと一緒に、バックカントリーで遊ぶのもいかがですか?
ゲレンデの混雑を避けて、たっぷり遊べますよ!

ご予約お待ちしております。

RINA

おまけ。
10年以上前のJUNのお気に入り写真です。
d0110562_21371977.jpg
銀座のママと新宿のナンバーワンって言われていた時代です(笑)。

by snowspyder30 | 2015-11-12 21:40 | バックカントリーツアー

FULLMARKS代官山店イベントのお知らせ

JUNRINA mountain service & FULLMARKS dikanyama 企画
ステップアップ BACK COUNTRY ツアー ステップ1 inかぐら

d0110562_21321014.jpg
バックカントリーを始めたい、体験したい。経験はあるが、少しずつ経験値を上げて行きたい、など初めての方からご参加可能なステップアップ式のツアーを企画致しました。どこか一つのツアーのみのご参加も可能。1月~4月まで月に一度のイベント、今回は第一回のご案内です。FULLMARKSでバックカントリーデビュー、そしてバックカントリー経験値と仲間を増やしましょう。

FULLMARKS代官山バックカントリーイベント告知ページ
http://www.fullmarksstore.jp/pc/blogs/836

開催日 2015年1月18日(日)
    
※シリーズ他の開催日は以下をご確認ください
http://www.fullmarksstore.jp/pc/blogs/733

場 所 かぐらスキー場周辺

ガイド JUNRINA mountain service 長井 里奈 http://junrina.com

対 象 バックカントリー入門者〜初級者 ※板の種類は問いません。

料 金 ¥11,000-

定 員 8名

集 合 JUNRINA オフィス 8:00AM
    ※かぐらみつまた駐車場内ロープウェイに向かって一番右端のハウス

レンタル可
ビーコン、プローブ、スコップ、専用ザック、スノーシュー、ポール各500円

留意事項
始めてのバックカントリー経験となる方は、滑走レベルについて一度ご相談して頂く事をお勧め致します。不明な点は何なりとお問い合わせください。

お申し込み/お問い合わせ
FULLMARKS代官山店 担当 江草朋樹 TEL03-3461-2272
e-mail:daikanyama@fullmarksstore.jp




by snowspyder30 | 2015-01-06 21:32 | バックカントリーツアー

RINAと行くシリーズ・旭川~その2

立山で常駐している時、お土産に生クリームが食べたいと言ったら、本当にホイップしていない生クリームを2個も買ってくる友人を持つRINAです。

普通は生クリームの付いたスイーツを買ってくると思うんです。
かなり衝撃的でした。

旭川バックカントリーの本番!
今日も現地ガイドエトリックスこと餌取浩ガイドのゲストお二人ともご一緒して、遊びます。
d0110562_18511697.jpg

太陽も出て、素敵ですぅ!
d0110562_18504464.jpg
ディープパウダー。
d0110562_18525060.jpg
d0110562_18531691.jpg
d0110562_18530289.jpg
d0110562_18554854.jpg

帰りは、私が数日前にドボンした川のスノーブリッジを渡ります。
d0110562_18572465.jpg
せっかくカメラを構えたのに、期待通りにはいきませんでした。

そして道路脇を歩いて
d0110562_18585231.jpg
終了です。

おかわりを2回もしたので、かなりヘロヘロになったでしょう。
この疲れ度を表現して下さーい!
d0110562_18595282.jpg

やっぱり現地エトリックスには勝てませんね↓
d0110562_19003512.jpg
そして今晩はお待ちかね、
d0110562_19065678.jpg
「おでん屋えとり」の海鮮鍋とその他もろもろ。
フルーツに甘納豆のごはんにシュークリームにお刺身に、唐揚げもおでんもあって、次の日の朝ご飯用におにぎりもにぎってくださいました。
やりすぎでしょ!
d0110562_19063541.jpg
もうHPP(腹パンパン)で動けなーい、なんて言っても、お泊りはお隣のエトハウス。何も心配はいりません。

ツアー最終日は、ぴっぷスキー場の森の中で遊びました。
私的にはあの森が大好きで、ツリーラン最高!なんですが、
自分が滑りたかったからみんなを連れまわしちゃったかな?
でも森は柔らかいのが残っていましたね!

今シーズンの旭川周辺は雪が少なく比較的暖かく、羽パウの本領を体験していただくことができず心残りですが、逆にとても快適なBCツアーでした。

毎年の恒例ツアーにしていきたいと思います。
これに懲りずに、またリベンジに来てくださいね。

そして餌取ガイド、楽しいナイスなガイディングをありがとうございました。

解散は、駅・空港(正統派)・レンタカー・ニセコの宿と、全員バラバラの送迎でした!笑

本当にありがとうございました。

RINA
いいんです、こんなラフさがね!!


by snowspyder30 | 2014-12-31 23:34 | バックカントリーツアー

RINAと行くシリーズ・旭川~その1

その髪型見てRINAさんだとわかりましたー!と声をかけてくださる方が非常に多い今日この頃のRINAです。

じゃあ私がこの頭をやめちゃったら、私の存在感はなくなる・・・なんて寂しいんでしょ。

よく赤ちゃんが私の髪の毛をじーーーっと見つめて触ろうとするのも納得?!

今回の北海道トリップ。
中盤戦で、今回のメインイベント
「RINAと行く旭川バックカントリーツアー」
の時間がやってきました。
d0110562_17344638.jpg

去年JUNと下見をして、今年初めての企画が実現することになりました。
現地のバックカントリーでは、餌取浩ガイドとご一緒させていただきます。
JUNRINAゲスト4名様。
本当にありがとうございます。
一生忘れません。

このツアーは夜旭川入りして前泊、次の日朝から行動するという思惑だったのですが、みなさん自由に組み立てていただいて、本来の旭川空港集合のお時間にいらしたのはたったお一人!
もっと前入りして勝手に滑ったり、もっと延泊して勝手に滑ったり、自由気まま。
そんなラフな感じがいいと思います!
私もタフじゃないけどラフですから!

まずは前夜祭から。
まだ会ったばかりで不安そうな顔の方もいますが、まあ気にせず行きましょう!
d0110562_17433350.jpg
私が全行程ドライバーなので、みんな心置きなく飲んでくれたまゑ。

滑走1日目。
雪が少ない旭川エリアは、今年はまだスキー場森の中に十分な積雪量がなく、入れる場所が少ない。
ということで、なんとなく現地の餌取ガイドと合流させていただき、現地ガイドならではの奥へと導いていただきました。
d0110562_17524496.jpg
1日目からガッツリな登りになりましたが、レアな場所に連れて行ってもらいましたね!

みんなの滑り終わった後の笑顔の写真を撮るのが大好きです!
d0110562_17553697.jpg

ガッツポーズでゴールイーーーン!
d0110562_17551672.jpg

中には哀愁漂う背中の人もいました。
d0110562_17572905.jpg
パウダー!
d0110562_17581156.jpg
d0110562_17582231.jpg
餌取ガイドもテレマークで決めます!
d0110562_17593408.jpg
た~っぷり遊びました。
おうちに帰りましょうねぇ~。
d0110562_18004872.jpg
お疲れ様でした!

RINA

おまけ☆ジーニアス兄弟みどりちゃん!
d0110562_18024114.jpg



by snowspyder30 | 2014-12-29 20:28 | バックカントリーツアー

JUNRINA的イベント滑ろう会乗鞍岳

右目が痛くて鏡を見ると、痛くない方の左目にまつ毛が3本入っていた鈍感なRINAです。

私の場合、まつ毛が目に入っている時はだいたい2~3本束になって入っています。
最大5本ということがありました。
これが一般的に普通なのか普通でないのか、知りません。

そろそろ滑り納め、という人もちらほらいることでしょう。
いえ、ちらほらどころか、もうほとんどの人が滑り納めているのでしょうか。

というわけでJUNRINAでは、今年は滑り納める会をマッタリと乗鞍岳で開催しました。
納会と言っても、また来週も滑りますっていう方や、滑るのは3月以来ですっていう方まで、理由は何でも、何人でもウェルカムなイベントなのです。

早速ですが、ランチはうどん!
JUNが10人前以上入るデカ鍋を背負っていきます。
d0110562_23554187.jpg
JUNの「行こうぜ~!」の掛け声で
出発進行!
  
d0110562_23400056.jpg

あっという間にランチタイム!
うどん待ちタイムには、JUNのトークショーか?!
みんなお行儀よく座っています。
d0110562_23401695.jpg
さあさあできましたよ!
d0110562_23402004.jpg
ボス自らとりわけます。

ここ乗鞍岳は、この時期は2300m付近までバスで来ることができます。
そこから山頂まで標高差約700m。
急登もなく、通常ではわりと楽~に到達できる3000m峰なのですが・・・・
みんな春モード全開で、ハアハアしちゃってます。
頑張れー!
d0110562_23402423.jpg
だんだん腰が曲がってきました。

それでも全員で剣ヶ峰3026mに到着!
d0110562_23402868.jpg
後ろに御嶽も良く見えます。

今日は滑ろう会ですから滑りますよ。
d0110562_23403196.jpg
でもみんなが一番気合いを入れてきたのはたぶんコチラ、夜の部。
d0110562_23403422.jpg
子羊と黒毛和牛A4をご用意いたしました!

ここで油断した何人かのゲスト。
次の日の登りはアレでヘトヘトになっていました。
通常のツアーでしたらビシバシ突っつきますが、ここは春(夏)の観光モード。
許してあげます♡

2日目は岐阜県側へ行き、稜線から滑り出しますが、
心なしか勢いがないご様子?
d0110562_23403983.jpg
でも滑り終わってからの「あー楽しかったねぇ。」という会話を聞いて安心しました。
私はまだまだ滑り足りないくらい。滑りたいですもん!

下山はまた2300mの位ヶ原山荘からバスに乗って帰ります。
もちろん帰りのバスの中はグッタリ。

私の前の補助席に座った若い彼は、
首にお洒落なハンカチーフを巻いて、オサレなサングラスをかけて、私の方を向いて後ろ向きに座っているのかと・・・どれだけ私の顔を見たいのかと思っていましたが
d0110562_23404297.jpg
実は前向きな人でした!

JUNRINA史上始まって以来のたくさんのご参加ありがとうございました。

滑り納めにふさわしい、ザラメと若干ストップスノー。
そして夜のBBQ、思い思いのテント&車中泊。
毎年恒例にしていきたいと思います。
来年は、アナタの番です!!

JUNRINAのBCツアーは今週末(立山)・来週末(富士山)を残すのみとなりました。
それが終わると、いよいよ沢登りの季節です。

JUNRINAカレンダーは、来シーズンのバックカントリーシーズンまで更新しています。
すでに満員となっているツアーもあります。
ぜひチェックしてくださいね!
(予約のいただいていない日程は、予告なく頻繁に変更しますので悪しからず。)
詳細については後日、ボスの気が向いた時に更新します。

ではまたネ!

RINA



by snowspyder30 | 2014-05-25 23:35 | バックカントリーツアー

黒部源流BC黒部五郎岳へGO!

今年もGWのビックツアーがやって来ました〜!

太郎平小屋に泊まるJUNRINA黒部源流BC3泊4日の旅です。
d0110562_19223528.jpg
この時期はGWのみ営業をしている太郎平小屋。

ここが開いているからここで遊べるんです。

超レアなフィールド黒部源流BC。

周辺には薬師岳に黒部五郎岳、雲ノ平に三俣蓮華に鷲羽岳、水晶岳。

先人に「雲ノ平や鷲羽の滑りは面白いぞ〜!」って、簡単に行けるとこじゃないですよ〜!
d0110562_19224465.jpg
簡単に来れない場所。

人が沢山入ってこないフィールドなだけに野生動物も近い?

クマの足跡。足の大きさが半端無くデカイ!

こんなのに出会ったら滑って逃げるしか無いっしょ!
d0110562_19225522.jpg
北ノ俣岳でイエイv( ̄Д ̄)v イエイ

後ろに見える黒部五郎岳へレッツゴ〜!
d0110562_19230539.jpg
薬師岳をバックにエッチラオッチラ登ります。

チョッピリ板が重いけど黒部五郎山頂まであとチョット〜!
d0110562_19231516.jpg
黒部五郎岳山頂でイエイ!(≧∇≦)/

滑れる百名山を一つゲットですね〜!
d0110562_19232546.jpg
でっかいウマ沢源頭斜面をビックタ〜ン!

向こうに見えるのは薬師岳ですねぇ。

気持の良い大満足の1本でした〜。
d0110562_19233601.jpg
d0110562_19235082.jpg
遊んで食べて飲んで飲んで遊んで飲んで食べて飲んで・・・

楽しいばかりの太郎平に泊まる黒部源流BC3泊4日のビックマウンテンツアーでした〜。

JUNRINA黒部源流BCに参加してくれた皆さん。
太郎平小屋のスタッフの皆さん。
カラコルム山岳会の皆さん。
提携ガイドのリズムワークスさんとゲストの皆さん。
黒部源流BCで出会った沢山の岳人達。
楽しい時間をspecial thanksです!みんなありがとう〜!
d0110562_19240213.jpg
d0110562_19241963.jpg
最後の折立までの大滑走は痛快の極みってやつだね。

また来年のGWが楽しみだね〜!

by snowspyder30 | 2014-05-06 20:09 | バックカントリーツアー

至仏山人多すぎ!

Rinaちゃんが立山でガイドしてくれてるので、
僕もあっちこっち動けて楽になりました。

山岳ガイド協会認定ガイドRina。

う~ん。カッコいい肩書だ(笑)
d0110562_05353791.jpg
昨日に続いて今日も至仏山。

JUNRINA立山に比べてJUNRINA至仏山はお客さん少ないけど、良い天気の中のんびり楽しんできました。
d0110562_05354109.jpg
前にも後ろにも人人人!

たまに犬もいましたけど。
d0110562_05354646.jpg
おお~。たくさん上がってくるねぇ。
d0110562_05354923.jpg
山頂付近は穏やかなんで、凄い人です。

この後はもっと凄い人でしたけど。

以前も多かったけど、大人気至仏山は今も健在ですね。
d0110562_05355384.jpg
d0110562_05355686.jpg
人が多すぎて、バックカントリーっていうよりは何かのイベントの様な感じだけど、大斜面は気持ち良い。

来年も1回くらいは来よう。

by snowspyder30 | 2014-04-27 23:56 | バックカントリーツアー

6~7年ぶりのGW至仏山でした

JUNRINA的には6~7年ぶりの至仏山です。

春の気持ちの良い陽気の中、たくさんの人が遊びに来てましたね。
d0110562_21373639.jpg
仲良くイチャイチャしてるカップルに・・・
d0110562_21373803.jpg
d0110562_21380541.jpg
自然地形でまくりまくってる人や・・・
d0110562_21380132.jpg
カッコ良く決まってる人・・・
d0110562_21380853.jpg
記念撮影してる人黙々と歩みを進めている人、色々たくさんの人が遊びに来てました。
d0110562_21381226.jpg
d0110562_21381521.jpg
スゴ~く気持ちの良いフィルムクラスト。

思わずスピードがでちゃいますよ~。
d0110562_21381226.jpg
至仏山をバックにナイスターン!
気持ちよく加速しすぎて転んで大けがしちゃったゲストもいますが。


バックカントリーの大斜面。スピードコントロールをしっかりしないと転びます。

事故の無いように春のビックマウンテンを楽しみましょう!

by snowspyder30 | 2014-04-26 21:37 | バックカントリーツアー

自転車でGO!至仏山

今年もやってきました~!

JUNRINA自転車で行く至仏山!

自転車でGO!

今年は7名の強者(笑)が集まりました~!

最高のコンディションとお天気。

神様!ありがとうございま~す!
d0110562_03004057.jpg
d0110562_03004797.jpg
d0110562_03014290.jpg
JUNRINAの自転車で行く至仏山。

自転車にスキーをマウントする作戦です。

最近バックカントリーライダーの間ではもう必須とも言えるシリコンバンドがここでも大活躍ですね。

戸倉ゲートからスタートして、鳩待峠までず~っと漕いで行けるかっていうとそうでもなく、結構自転車を押して歩く場面もしばしば。

それでも2時間弱のアプローチで鳩待峠まで行けるのは良いプランだと思うんだよなぁ。
d0110562_03005151.jpg
d0110562_03005921.jpg
d0110562_03010373.jpg
やっぱオープン前の至仏山は最高です。

人いないし。

グッドコンディションと素晴らしい景色に感謝です!
d0110562_03011009.jpg
至仏山の超大斜面。

今日はスーパーザラメを通り越して、

上から下までフィルムクラストでした。

極上のコンディションありがとうございます!

青い空に最高のフィルムクラスト。

尾瀬沼と燧が岳をバックに…っていうお決まりの構図もさらに映えてますね~。
至仏山の超大斜面。

斜面がでデカ過ぎて、超ハイスピードになってしまわないように注意が必要です。

斜面がデカ過ぎると、自分が出してるスピードがイマイチわかんなくなっちゃうんですよね。

じゃないと・・・
d0110562_03012322.jpg
こうなります(笑)

スピードの出し過ぎには要注意。
d0110562_03011829.jpg
極上のノートラックフィルムクラスト超大斜面最高でした。
d0110562_03012885.jpg
もちろん帰りの林道もお楽しみの一つ。

みんなよく自車のスキー取り付けを研究してきてました。

板とブーツを背負わなくても良いっていうのもポイントです。
d0110562_03015845.jpg

こういう風にみると、なんだかオシャレな感じがしますね。

このスタイルを流行らせたい!

☝のヴェクターグライドの「マスティフ」にロードバイクなんてなんだか速さと力強さの追求みたいなものを感じますね。
d0110562_03020171.jpg
☝こいつは僕ですね☝
d0110562_03020930.jpg
各自転車によって結構型が違うんで、それそれに工夫が必要なところが面白いよね。
d0110562_03021140.jpg
☝今回唯一の女性ライダー作。

今回のツアーまでに10回くらい練習してきたんですって。
d0110562_03021591.jpg
☝これは荷台がポイントですね。

ブーツが置けちゃいますから。
d0110562_03021708.jpg
☝ガムテープで固定・・・荷造りの基本ですよね。☝
d0110562_03021944.jpg
ここは至仏山ですが、かぐら魂で来ました(笑)

ブーツはリアのバックに上手く入ってます。
d0110562_03022009.jpg
テールの羽出しがなんだかヤン車っぽいけど、結構安定してるっぽかったですね。

スポルティバのステッカーがなんだかストイックさを醸し出してる・・・気がしました。
d0110562_03022544.jpg
自転車で行く至仏山は終わりましたが、

ノーマルな至仏山は2週間後。

JUNRINAでは4月26日~29日までやります。


まだまだ空きがたくさんあります。

バンバン受付てますよ~。

まずはノーマルの至仏山からご一緒しましょ~!
by snowspyder30 | 2014-04-13 22:59 | バックカントリーツアー