じゅんりなブログ

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:バックカントリー( 109 )

まるや

越後湯沢ってあんまりバックカントリーを楽しむ人少ない様な気がするんだけど、越後湯沢の名洋菓子店の若旦那と山を滑る機会に恵まれた。
d0110562_21273969.jpg

ナイスターンか~ら~の~・・・
d0110562_21274034.jpg

前転!

まるやさん。

ご一緒してくれてありがとうございました!
by snowspyder30 | 2017-02-21 21:21 | バックカントリー

VECTOR GLIDEファミリー北信里山セッション

VECTOR GLIDE familyのTakahikoさんのお誘いで、今回は野沢温泉のVECTOR GLIDE family Kenjiさんと北信のスキー名山で撮影セッション。
d0110562_21275468.jpg
Kenjiさん、Takahikoさん。先日の白馬で開催されたfree ride Openでも大活躍でしたね。

競技スキー出身の彼等と、特に一生懸命スキーの練習をしてこなかった僕とじゃなかなか不釣り合いなセッションだけど、とても刺激的な時間を楽しませていただきました。

特に刺激的だったのがコレ。
d0110562_21280458.jpg
d0110562_21281002.jpg
カメラマンさん。上手くドローンを使いこなすな~。

障害物の多い森の中でもドローンを使いこなすって凄いね。

面白い動画撮れてましたね。
d0110562_21281894.jpg
志賀のTakahikoさん。

野沢温泉のKenjiさん。

越後湯沢の僕。

活動エリアも信越エリアで近いのよね。
d0110562_21291519.jpg
活動エリアが近いんで、近いうちに何か一緒にチャレンジしたいね。

VECTOR GLIDE family セッションまたやりましょう。


by snowspyder30 | 2017-01-31 21:23 | バックカントリー

西黒尾根climb &ride

同じバックカントリースキーガイド協会の仲間で、隣町のみなかみ町の巌ガイドと西黒尾根からのclimb & ride。
d0110562_21404116.jpg

藪とラッセル時々岩場。
d0110562_21404277.jpg

マチガ沢や東尾根が美しい。
d0110562_21404218.jpg

夏は何でもないルートだけど、
d0110562_21404364.jpg

雪が積もればヒヤヒヤな場所も多々あり。
d0110562_21404479.jpg

d0110562_21404476.jpg

飛雪の中踏ん張って
d0110562_21404548.jpg

登り上げましたー!お疲れ様ー。
d0110562_21404616.jpg

さぁ、お楽しみの夕陽ライド。

陽が沈む前に帰りましょ。
d0110562_21404614.jpg

いやぁ、快心のパウダーだったねぇ。
d0110562_21404782.jpg

行動食忘れてシャリバテ寸前だったけど、巌ガイドが分けてくれた再結晶化した一本満足バーのおかげでボトムまで滑って降りれた。

巌くんサンキューです。

西黒沢のボトムは、まだお客様をご案内できる程の積雪は無く、かなりアドベンチャー感満載だけど、標高差1100mの楽しいプライベートパウダーライドでした。

ご一緒してくれた巌くんありがとう。
だけど、標高差1380mのラッセルは少しくたびれたね。

by snowspyder30 | 2017-01-10 21:06 | バックカントリー

越後魚沼バックカントリー

JUNRINAのかぐらバックカントリーは今週でおしまい。
12月中旬のかぐら中尾根藪漕ぎBCからスタートして、今日まであっと言う間だった様な気がします。
少雪ながらもJUNRINAをご指名ご愛顧してくださったお客様、ありがとうございました。

かぐらスキー場の関係者の皆様、トレーニングをご一緒させていただいた南魚沼消防署や新潟県警察の皆様、湯沢町役場担当職員の皆様や湯沢町山岳遭難救助隊の皆様、ありがとうございました。

2016シーズン最後のJUNRINAかぐらバックカントリーはというと〜、まーさーかーのーノーゲスト‼︎

最近の自分のお気に入りの山域のコンディションが非常に良さそうな予感がしたので、JUNRINA2人で遊んでました。
d0110562_21243636.jpg
d0110562_21243679.jpg
標高450m~1500mの低標高でこのロケーションと積雪!

標高が低いので開けた日照面はストップ雪だけど、北向きの急斜面はグッドザラメ雪・・・なはず!
d0110562_21243727.jpg
d0110562_21243896.jpg
この時期はシャバ雪狙いの地形遊びが面白い!

超豪雪 越後の山々の奥深さを感じずにはいられませんでした。

どんなコンディションだったか~・・・は動画をごらんあれ~!

偶然居合わせた永井たくみ先生動画サンキューです!

来年はお泊りツアーでここやりますよ~!シール限定!

by snowspyder30 | 2016-04-03 20:51 | バックカントリー

豪雪越後の山岳スキー名山

今日は越後の山岳スキー名山に遊びに行ってきました。

流石は豪雪の越後の里山。

標高400mにだってまだ1m以上積雪があるんですもん。

それでも地元の人が言うには雪が少ない上に風向きがいつもと違うから雪の付き方がおかしいのだとか。
d0110562_23042595.jpg
d0110562_23044604.jpg
d0110562_23044824.jpg
奥深い越後の山々には、良い斜面がたくさんありますねぇ。
d0110562_23045797.jpg
滑って楽し過ぎる地形も沢山あります。

当て込み祭りに沢三昧。
d0110562_23050807.jpg
森林限界付近の標高差500mは極上のフィルムクラスト。

下部標高差500mはシャパウダー。

ここには雪不足が感じられない標高差1000m

林道が短ければ最高なんだけどね。





by snowspyder30 | 2016-03-31 23:21 | バックカントリー

仲間と滑ろう!

この平日はお休みにして妙高と白馬に遊びに行ってました。

白馬では恒例のバックカントリーガイドの中間や先輩、クライミングガイド、プロクライマーやプロカメラマン達が集まる3日間の「合宿」。

d0110562_22290764.jpg

リアルなアクシデントもありましたが、刺激的な合宿でした。

d0110562_22291031.jpg

アウェーだけど、仲間と滑るって楽しいよね。

忙しいシーズン中に10名を超えるメンバーが集まるってとても素敵なこと。

d0110562_22291361.jpg

来年の合宿が楽しみだな~。


by snowspyder30 | 2016-02-03 22:27 | バックカントリー

チョット遠出してきました。

日射の影響が少ない斜面を狙ってチョットロングハイク。
d0110562_20341571.jpg

d0110562_20305853.jpg

気持ちの良い一本だったけど、登り返しの斜面が南向き斜面なんで、暑すぎてくたびれました。

陽当たりの良い斜面はサングラストでバキバキでヤバい。

スキー場周辺は滑走跡と融雪でバキバキのボコボコなだけに、遠出した甲斐がありました。

by snowspyder30 | 2016-01-03 20:19 | バックカントリー

利尻上陸作戦・・・の偵察

利尻島上陸作戦の為の偵察です。

偵察というか、視察というか、つまりスパイです。
d0110562_05015407.jpg
d0110562_05020384.jpg
上陸して一番にやられました~!

白い恋人は利尻山だったのですね~。

ここに来て初めて知りました。


なるほど~。先輩ガイド達の活躍の場としてテレビやDVDで何度か見たことあったけど、実際に見ると結構凄い山ですね。

クライミングができて滑れる斜面をたくさん持ってる。独立峰で360°どこからでも滑りに行けるからフィールドの広さは半端ないねぇ。
d0110562_05062929.jpg
d0110562_05063206.jpg
d0110562_05064866.jpg
d0110562_05065059.jpg
もちろん利尻島のお泊りは利尻の自然を知り尽くした渡辺敏哉ガイド経営のお宿「レラ モシリ」です。

今回のスパイのターゲットはバックカントリーだけじゃありません!

全国ご当地どんぶり選手権2連覇で殿堂入りという偉業を達成しているレラ モシリの「うに飯丼」です。

d0110562_05073783.jpg
d0110562_05073437.jpg
利尻島なんで海鮮ものがタップリです。

美味し過ぎておかわりしたかったけど・・・
d0110562_05134150.jpg
d0110562_05134648.jpg
d0110562_05134365.jpg
d0110562_05134870.jpg
佐々木大輔さんの利尻岳滑降DVDで見た滑降ラインは、実際に見てみるとやっぱヤバイ!

ドキドキしちゃいますね。

2泊3日の短い期間だったけど、初上陸の割には良い経験をしたスパイ作戦でした。
d0110562_05135206.jpg
d0110562_05135442.jpg
こいつも凄い大活躍でした。

こいつのおかげで利尻がファンタジーにならずにすみました。


敏哉さ~ん!ありがとうございました~!

by snowspyder30 | 2015-04-09 04:58 | バックカントリー

ジュンリナマンタロウ谷

春らしい陽気が続きます。

ワタクシ的に春本番となって迷惑なのは花粉とストップスノーです。

花粉もストップスノーもこの時期は避けられないので仕方ないのですが。
d0110562_08222905.jpg
一昨日のパウダースノーはどこへ?

そう思っちゃうくらいしっかりとモイストな雪質に変化してました。
d0110562_08223599.jpg
今日は水上から土樽へ。

今日は滑って土樽へ戻ります。
d0110562_08223273.jpg
快適に見える大斜面は、全く快適ではないストップスノー。

修業系ライディングを楽しみました。

ストップスノーで修業のはずなんですけど、なぜか笑ってしまう不思議な雪質。

なぜならばこの遊びを楽しむ滑り手はドМだからでしょう。
d0110562_08223852.jpg
d0110562_08224629.jpg
d0110562_08231856.jpg
滝を滑り、滝を滑り、滝を滑る。

次々と現れる滝をクリアして、まだまだ続くストップスノー。

もっと面倒な滝の巻きや淵・瀞の回避をイメージしてただけに、今日は快適すぎてすこしガッカリ。

うお~!今日は超修行だね~!

ってふうにはなりませんでした。
d0110562_08232630.jpg
d0110562_08232864.jpg
d0110562_08233219.jpg
d0110562_08233795.jpg
d0110562_08234103.jpg
一番の修業はストップスノーでした。


by snowspyder30 | 2015-03-17 20:13 | バックカントリー

第4章~ニセコメッカに同行

北海道トリップ中に雪目になってしまい、室内も夜の運転も終日ゴーグルをかけていたRINAです。

なぜかお店に入るとジロジロ見られるんです。
私、何かついてますか?
ゴーグルはついてますけど。それが何か?

31日に旭川ツアーが終わり、その日のうちにニセコに入る予定でした。
が、大みそかのうちにたどり着くのは無理そう。
私の目は痛くてほとんど開いていません。
ゲストも同乗していたので、とりあえず23:30頃に車内で年越しカップそばを食べ、車で新年を迎えました。
1人でなかったことがちょっと嬉しいですね!

ゲストを宿まで送迎し、自分の泊まる山小屋へ向うも、道が不明。
ナビを使っているのに道がない!
もう午前1時を過ぎている。
心が折れて新年早々車泊か~と落ち込んでいるところへ、大丈夫ですか~?という天の声!!
旭川ツアーに参加されたゲストと偶然ニセコでの宿が同じだったので、心配して電話をかけてきてくれました。
本当に救われました~。
人の温かさって本当にありがたいなと感謝感激。
とてもお優しい方ですが、この後相当いじめてくれました。笑
ってことで帳消し!

そんな2015年がスタート。

元旦から2日間はNiseko Mecca(代表ターナーこと田中ガイド)のBCツアーのお手伝いです。
手伝いになっているかどうかはわかりませんが、私も楽しませていただきました!
ゲスト8名の中にJUNRINAを利用して下さっているゲストも4名いらっしゃいました。

アンヌプリ西面GOOD POW!
d0110562_11502104.jpg
d0110562_11504224.jpg

そして2日の羊蹄山。
これまた深いラッセルでしたね。
私の目は全く開かず、勘だけで歩いて滑っていました(笑)。
d0110562_12004970.jpg
d0110562_12024460.jpg

ターナーの滑りもカッコいいです!!
d0110562_12034642.jpg

とにかく深かった~。
ゲストが動画を撮ってくださいました。
足並みも揃って、とても順調なハイクペースでした。

ニセコメッカのブログはこちらです
ニセコに行かれる方は要チェック!

2日間、お世話になりました。

そして、今回一番お世話になったのがコレ↓
d0110562_12163200.jpg
クリスマスも正月もフェリーも、朝晩よく食べ続けました。
便利な世の中ですね。

湯沢へ帰ってくると、ニセコよりも高い雪の壁。
これからまた地元で頑張ります。

そして、2週間前に出発した時と同じ手つかずの野菜が冷蔵庫にそのままありました。
今日から残飯整理。
たぶんJUNも私も体に悪いものばかり食べていたから今日から摂生します。

といって、昨日もお呼ばれしてご馳走満腹食べちゃった~!

2015シーズンも、怪我のないよう楽しみましょう!
また皆様にお会いできることを楽しみにお待ちしております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

RINA






by snowspyder30 | 2015-01-06 12:32 | バックカントリー