じゅんりなブログ

ブログトップ | ログイン

タグ:ガイド ( 114 ) タグの人気記事

バックカントリーガイドのアシスタント(ガイド候補生)募集してます

バックカントリーガイドのスタッフを募集してます。

スタッフといっても、いきなりガイドは難しいので、
ガイド候補生(アシスタント)という表現が良いかもしれません。

バックカントリーガイドってお客様連れて毎日パウダー滑って楽しそう。ってイメージだと思います。
確かにその通りです。毎日パウダー滑って楽しいです。

しかし、その陰で、フィールドの安全管理だったり、お客様に対してサービス(お客様に合わせた楽しい所に案内するとか、新しく正しい知識や技術の提案とか)の為に常に勉強と実践、検証を積み重ねています。

ガイド候補生としてJUNRINAスタッフとなった方には、我々と一緒に研修を重ねてステップアップできますのでご安心ください。

期間:1月~3月の週末を含めて週2~3日。
   研修期間1か月程度

時間:08:00~17:00(前後します)

勤務地:南魚沼周辺山域

条件:南魚沼に住んでいるスキーヤー
   四季を通じて山歩き(滑走含む)が好きであること。
   ガイドという職業(サービス業)に興味があること。
   自分の車で通える人

   スキー場パトロール経験者優遇

年齢:20~40歳くらい

給与:8000円~15000円/1日(資格・経験による)

待遇:研修あり、資格取得支援、バックカントリースキー・ギア貸与、

お問い合わせ
https://www.junrina.com

by snowspyder30 | 2017-11-03 11:51 | スタッフ募集

200名山2座

宿で前日の夜に受け取った「朝弁当」を、寝る前に中身を確認し、味見し、エスカレートして全部食べてしまったRINAです。

かなり寝ボケていました。
寝ながら食べていたことは記憶しています。
そして朝ご飯、なくなりました。

--------------------------------------------

我が家越後湯沢から苗場山を挟んで向こう側にある、比較的ご近所の200名山(鳥甲山・佐武流山)を諸事情によりガイドすることになり、直前に下見して準備をしていました。

でも1日目の登山は降雨の為中止(宿待機)。
d0110562_14031571.jpg
200名山はアルプスや100名山と違い、登山道がかなりの急登だったり整備が不十分であったり、渡渉やぬかるみも多いなど、悪条件が多いです。
そこに大雨ときたら、、、。

2日目、回復傾向ではあるものの、これまた朝から小雨が降っているのでリスクの少ないルートに変更し、鳥甲山をピストンとすることにしました。
d0110562_14062001.jpg
意外と雨は降り続き、写真はたった2枚で山頂へ到着^^;
d0110562_14072269.jpg
鳥甲山(とりかぶと)2038mのピークは狭い。

けれど玄人好みな山なので、登山者に会うこともめったにない、静かな山です。
標高差約1200mを泥んこになりながら登ってきた後のお弁当は、何だかとっても美味しく感じたなぁ。

そして下山開始後、紅葉の展望が開けてきた!
d0110562_14124240.jpg
みんな感動です!!

冬には毎日のように眺める苗場山も見えました!
d0110562_14132865.jpg
いつもあの周辺を滑っているわけです。

雨で濡れたズルズルの急な道を、慎重に下山しました。
d0110562_14150382.jpg
このツアーのレベルは高く設定されているので、体力も足並みも揃っています。
私もお目にかかるのが何度目かのお客様も複数いらっしゃるので、嬉しく思います。

今回は視界もあまりなく、佐武流山(さぶるorさぶりゅう)にも行くことができませんでしたが、私が下見をした時の写真を載せておきますね。
d0110562_14250056.jpg
d0110562_14250406.jpg
d0110562_14250977.jpg
d0110562_14251437.jpg
(シラヒゲソウ)

またどこかでご一緒しましょう!

RINA

by snowspyder30 | 2017-10-14 23:59 | ツアー登山ガイド

行動食は朝マック。

テーブルに向って居眠りしてしまった時、左手に持っていたiPhoneをかじってハッと目が覚めたRINAです。

iPhoneは硬かったです。
たぶん夢の中で何かを食べていたのでしょう。
液晶が割れなくて良かったです。

---------------------------------------------

3週連続立山です。
本当は4週連続の予定でしたが、台風で中止になったので。

今日のツアーガイドは、雷鳥荘に前泊してからの雄山なので、体も心も余裕があっていいですね。
d0110562_15592668.jpg
紅葉はすっかり終わってしまいました。
色的には寂しい風景ですが、お天気が良いのでたくさんの登山者や観光客で賑わっています。
以前は紅葉が終わると、人けがなくなったものですが。
d0110562_16010005.jpg
雄山神社が閉店したので、500円の参拝料は無料で3003mへ行けるのです!
d0110562_16011668.jpg
でもちょっと残念ですね。
d0110562_16022335.jpg
落石を起こさないように、慎重に下山します。
d0110562_16031317.jpg
あれっ、靴が片方!
d0110562_16040310.jpg
子供の靴です。
もう歩きたくないから、靴を落としたことを内緒にしたのかな?
街に下りるまで、ずっとおんぶに抱っこ?!

そして今シーズン1番の衝撃は、こちらです!!
d0110562_16053437.jpg
行動食に朝マック!!

しかも日帰りではないので、前日の朝に購入してきたのです。
登山の行動食は、いつもマックなんですって。
ハイカラだなぁ~。
山でマック、羨ましすぎます!

ちなみに今回は中京圏のお客様ですが、愛知県では東日本と同じ呼び方「マック」なんだそう。
大阪まで行くと、「マクド」ですよね。
どこの県が境界なんでしょうね?

私も今度行動食に朝マック、真似してみよう!
たぶんそんなチャンスはほとんどないけれど・・・。

RINA

by snowspyder30 | 2017-10-08 21:44 | ツアー登山ガイド

激混みの紅葉終盤雄山

「矢印の方向へゆっくりとお引き下さい」と書かれた卵パック、開封に1度も成功したことのないRINAです。

あれって、必ず途中で引きちぎれるようにできているのではないですかね?
何かの嫌がらせですかね?
ちなみにJUNはその開け方すら知らなくて、普通に無理矢理開けていました(笑)。

-------------------------------------------

今日も雄山・大汝ガイドです。

気持のよい快晴!
雄山から太陽が昇ります。
d0110562_15171263.jpg
そして秋らしい空。
d0110562_15202340.jpg
無風のみくりが池に映ります。
d0110562_15202749.jpg
紅葉としては先週末の方が良かったのですが、今週末の方がお天気が良いということで、夏の繁忙期のような賑わいで、登山道も大渋滞です^^;
d0110562_15194543.jpg
大汝山山頂から見下ろした、大汝休憩所の屋根。
右奥には白馬岳、左には剱岳。
d0110562_15231288.jpg
御前沢にはたくさんの雪渓があります。
その下に黒部ダム。
d0110562_15243070.jpg

たまには山崎カール上部から見下ろした風景を。
d0110562_15250620.jpg
そして、帰りも大渋滞^^;
d0110562_15261581.jpg
でもゆっくり歩けて、景色も沢山見る余裕がある登山もいいものです!

今シーズン、1番の快晴でした!

RINA



by snowspyder30 | 2017-09-30 22:17 | ツアー登山ガイド

紅葉の立山三山

最近立て続けに「宮里藍」さんに似てると言われるRINAです。

引退でメディアに露出していたからでしょうね。
デビュー当時にもよく言われました。
私って、沖縄県民の顔つきなのかな~。
純粋な東京出身ですけど!

--------------------------------------------

やっと紅葉の話題まできました(笑)。
色づき始め~半ば、9月22日~24日の立山三山ガイドです。

d0110562_08115723.jpg
このココアを見て、ピンと来た人は立山通です↓
d0110562_12422933.jpg
山価格では比較的リーズナブルな、200円で販売している一ノ越山荘のココアです。
山で飲むココアの中で、1番好きなんです。
たかがUCCですが、すごく美味しく感じるのです。
たぶんお湯を注いでくれる方の愛情がこもっていると、私は思っています。

2日目は一ノ越山荘を出発してぐるっと一周、雷鳥荘を目指しますが、朝から雨。
d0110562_12521526.jpg
雄山神社も雲の中。
でも風がないので、前に進みます。

立山最高峰の大汝山にある大汝休憩所。
雷鳥荘の経営です。
d0110562_12574127.jpg
「春を背負って」という映画の撮影に使われたことは、記憶に新しいですね。
この屋根に蒼井優さんが布団を干しているシーンだけは良く覚えています(笑)。
d0110562_13084325.jpg
↑ポスターより。

撮影時の看板(スミレ小屋)は、玄関に今でも飾ってあります↓
d0110562_12575737.jpg
で、看板の上に飾ってある手ぬぐいは、大汝小休憩所オリジナルの手ぬぐいです。こちらの小屋番のデザインで、なかなかかわいいでしょ!
ぜひ来年、お買い求めください!
(大汝休憩所は、7月上旬から9月25日ごろまでです)

休憩所は土足OK。
奥には100円で男女別無臭の、とっても清潔なお手洗いもあります。
※はずれくじを引いた人は、時折有臭のこともあり
d0110562_12580778.jpg
いつも整理整頓されていて、気持ちの良い休憩所です。
手作りスパイシーなカレーも美味しいですよ!

さて予報より天気が悪くなっていますが、12時ごろ晴れてくるでしょう、と皆さんを励まして登っていくと、
d0110562_12561183.jpg
12時。晴れた!
d0110562_13192042.jpg
それからは眼下に見える紅葉に、みんな興奮気味。
d0110562_13215953.jpg
d0110562_13220340.jpg
そしてこのツアーの度に口を揃えて「この階段が1番苦しかった」という約485段を登りつめると、本日の温泉宿雷鳥荘に到着です。
d0110562_13222953.jpg
紅葉にはまだちょっと早いかな?と思ってきた皆さん、ラッキーでしたね!
d0110562_13245091.jpg
お疲れ様でした。
d0110562_13245947.jpg
RINA


by snowspyder30 | 2017-09-24 20:14 | ツアー登山ガイド

憧れを手に

「♫い~つの~こと~だか~、思い出してご~らん~、あんなこと~こんなこと~あ~った~でしょ~♬」な状態のRINAです。

前回ブログの更新時に、更新が滞っていて猛反省中と言ったのは撤回します。
反省などしておりません!?
諸事情により忙しくしております。

ブログを全て終わらせるまではSNSなんかしている場合じゃない!と自分の中で勝手に決めて、フェイスブックも開いていませんので、音信不通な感じですが、とりあえず身体だけは丈夫です。

---------------------------------------------------

その諸事情によりめぐり合わせた、女子ばかりの!個人ガイド2泊3日です。
d0110562_08465688.jpg
時は9月18日。
初対面の女性お二人と待ち合わせし夕食をご一緒した時に、モリモリ食べる姿を拝見して、これなら登頂できる!と確信しました(笑)。

憧れの槍ヶ岳に私も登れるかしら・・・?
そんな願いを叶えに行きましょう!

ただ願いを叶えに行くには、軽量化が必要です。
決して体力が有り余っているわけでもなく、お二人とも自信がないからこうしてガイドを雇ってくださっているわけで、まずは荷物チェック。

半分に減りました!!
これで登頂への道が1歩進みましたね。

登山開始1日目はもったにないくらいの快晴。
の~んびり槍沢ロッジまで。
夕食時に私が30回良く噛んで食べる話をしたら、お姉様もリスペクトするって(笑)。
もう一人のお姉様は全く無関心(笑)。
良く食べ良く笑い、早食い(笑)!
でもそれも個性ですから~!
d0110562_13032747.jpg
(※こちらは槍ヶ岳山荘)

本格的な登山は2日目からです。

天気予報では天気は下り坂、午後は風も強まり夜は風雨~風雪の予報。
午後のうちに山頂へアタックするか、明日の朝登頂するか悩みどころでしたが、朝ぎゅっと冷えて凍ることの方がリスクが高いと思い、お客様の様子をみながら今日の登頂を目指して進みます!

d0110562_08470979.jpg
予報通り雲が増えてきました。
d0110562_08472181.jpg
槍ヶ岳が見えると、みんなテンション高め!
お姉様が自撮りしてみたかったの!と、まだ新しめのiPhoneでお茶目な女子3人組です(笑)。
d0110562_08475607.jpg
私達腕が短いから、顔がドアップになっちゃいます^^;

肩の小屋まであともう少し~。頑張れ~!
d0110562_08480838.jpg
確実に歩を進め、予定時刻に肩の小屋に到着しましたが、そんなにのんびりしてはいられません。
これからどんどん風が強まっていく予報です。

全ての服を着てください。

今のことろは視界も良く雨も降ってはいませんでしたが、これからの天候を考えると、ニット帽や厚手の手袋も必要です。
d0110562_08481271.jpg
d0110562_08481789.jpg
アタック開始から45分、あおられながらもピークに立ちました!
d0110562_08482060.jpg
素敵な笑顔、やりましたね!

とにかく風が当たって寒いのとガスがわいてきてしまったので、1分ぐらいで下山開始です。

登ってきた時よりも明らかに風が強くなっています。
限界ギリギリという感じです。
ゆっくり慎重に、最後のトラバースでは本当に飛ばされそうになるお二人を抱き、3人で手を繋いで帰りました(笑)。
感動の涙でうるうるしていました。
私はそんなお二人が愛おしくて、小屋に戻ってココアで温まっていただきました。

その後雨がポツポツしてきたのです。

こんな悪条件で登らせたくはなかったのですが、明朝凍ってツルツルの登山道を想像したらまだマシなのかなと思い、心が痛みましたが頑張っていただきました。本当に感謝いたします。

夜中、嵐の音で眠れなかったことでしょう。
お姉様は寒くて眠れないとのこと、お二人にはダウン・フリース・ネックウォーマー・手袋・ニット帽・タイツをそれぞれお貸ししたので、私はほとんど裸です(笑)。(※だいたい予備を持っています)

予想通り朝方みぞれに変わったようで、朝にはやんでいましたがツルツルです。
d0110562_08483080.jpg
昨日のうちにアタックしていて本当に良かった~!

感動の朝日が昇ります。
d0110562_08483944.jpg
南アルプスの横には富士山もくっきり。
d0110562_08483537.jpg
紅葉に氷がついてきれいです~。
d0110562_08484674.jpg
d0110562_08484341.jpg
フリージングレベルは3030mぐらいだったようです。

d0110562_08485060.jpg
d0110562_08485803.jpg
地面の雪が解けるのを待って1時間出発を遅らせたため、徳澤園のランチ営業に間に合わず、ランチをとる時間もなくなり、ひたすら歩いて上高地の最終バスに乗って、さらに入浴や着替える暇もなく高山駅にお送りすると、これまた関西へ帰るお姉様方の最終バスとなりました。

すべて最終っていうのも、悪くはないね(笑)!

五千尺ホテルのケーキセットを目指して頑張っていたのに、これも時間が押してしまって食べれなくてごめんなさい。
代わりに河童橋でみんなで牛乳を飲みました。
美味しかった!
瓶入りの牛乳って、やっぱり美味しいですよね。

秋の雲がハートに見えました♡
d0110562_08490699.jpg
またぜひ来シーズンもお目に掛かれますよう、私もトレーニングに励みます。
ありがとうございました!

RINA



by snowspyder30 | 2017-09-21 21:46 | 山のお仕事

根子岳・四阿山

1ヶ月も(ブログ更新を)ご無沙汰してしまい、猛反省中のRINAです。

山でご一緒させていただいた皆様、いつも楽しみにチェックしてくださる皆様、本当に申し訳ございません。
でも、これから一気にたくさんは書けません^^;
なぜなら、、、秋は眠いから。

----------------------------------------------

d0110562_22463238.jpg
登山口には、いきなりコレ↑

「お母さん怖いから近づかないで」という理由(笑)。
私も変な人が近づいてきたら、この手を使おう。

本日は根子岳~四阿山ガイドです。
花の百名山だけあって、お花が多かった。
侮っていました。

ひとつだけ載せるとしたら、私はやはりマツムシソウです。
d0110562_22493763.jpg
標高は割と低いので、花が大きくて立派なんです!

ここは牧場。
牛の朝は、バケツをひっくり返したような放尿や重低音の朝の挨拶。
ステキです。
d0110562_22493125.jpg
お天気もバッチリ!
d0110562_23023942.jpg
d0110562_23034457.jpg

山頂では、写真撮影の順番を礼儀正しく待っている姿が日本人らしかったです(笑)。
d0110562_23044239.jpg
ノリもGOOD!
d0110562_23050960.jpg
気持のよい木陰の道を通過すると、
d0110562_23065175.jpg
いよいよドキドキの渡渉があります。

「みなさん、これから川を渡ります。覚悟せい!!」
と思っていたのですが、

あれれれれ、昨年なかった橋が架かってる!
d0110562_23095219.jpg
いや~、内心ホッとしました。
渡渉には苦い思い出が沢山あるので(笑)。

この夏は晴れの日が少なかったので、9月からはこの調子で好天を~!

RINA

by snowspyder30 | 2017-09-09 22:30 | ツアー登山ガイド

雨上がり

久しぶりに山以外の街着を買って着たら、なんとまあ動きにくくフィット感が悪くシワになりやすく、オシャレ着ってみんな苦労しているのかなあ~と感じたRINAです。

いいものはいい。
悪いものは悪い。
でも美味しいものは体に悪い。

-------------------------------------------

このところ日本海側では荒天が続きました。
登山開始20分前、前線が通過し大雨だった空模様がピタッと止む。
外へ出ると、晴れ間と雲の境がくっきりと見えました。
d0110562_15382080.jpg
富山平野は晴れています!
d0110562_15383187.jpg
めっきり涼しくなって、立山では防寒着を着ることが多くなってきました。
血の池周辺のイワイチョウやコバイケイソウも黄葉してきました。
d0110562_15403031.jpg
今日も雄山、そして大汝山を目指します。
d0110562_15412091.jpg
紫外線対策に?タオルを被っているお姉様方もいらっしゃいますね。
振り返ると、金髪のお姉様をお連れしたのかと思いました(笑)。

一の越までの雪渓は1か所のみ50mぐらいになりました。
雪はやわらかく、歩きやすいです。

夏の間は登山道が大混雑で、大汝山へはタイムリミットで行くことができない日が続きましたが、今日は登りもスムーズで3015mの大汝へ!

でも写真を撮るのを忘れました。

大汝から雄山へ戻ると、
立山登山マラニックという大会の1位の人がゴールする瞬間に出くわしました。
d0110562_15500094.jpg
マラニックは今年で20回目(20年目)。
海抜0mの富山湾から雄山までの標高差3003メートル、距離にして65Kmを走り、その夜は雷鳥荘に宿泊するという催しです。

私達が下山する時には、きっとその人たちとのすれ違いが多くて大変かなと心配していたものの、大変マナーが良く、疲れていたり先を急いでいるでしょうに気持ちよく挨拶をしてくれたり、ゆっくり歩いてくれたり、一般登山者をあおるようなことはありません。
これには大変関心しました。
私も頑張れと声をかけたくなりました。

その後マラニックのHPを覗いたところ、大会注意点にはしっかりそのようなことが指導されていました。
また室堂から上は、必ず防寒着と雨合羽を携行しなければならない、一の越から上はストック禁止走るも禁止と、一般的なマラソンやトレランとは違い、装備を持ってマナーを守るということに徹底されていました。
主催者側の気遣いも素晴らしいですね!
1位の走者は4時に出発して11時、約7時間でゴールです。
ただし15時までがタイムリミット。
お疲れ様でした。
このマラニックのお陰で、雷鳥荘は毎年満員です!

話はそれましたが、今日のお客様もきっと励みになったことと思います。

さて、最近私の中でのブームは、ガイドの帰りにお茶すること。
今この限られた環境の中でできる、唯一のお金を使える贅沢です!

本日はホテル立山のラウンジで、新メニューの水出しコーヒーゼリーパフェ。
d0110562_16085308.jpg
セットでコーヒーだとダブルでコーヒーになってしまうので、牛乳を飲む!

はぁ~、贅沢な時間でした♪

そして帰り道に見つけた、安全第一のヘルメットにものすごい数の虫(;O;)
d0110562_16090199.jpg
このヘルメットは、息をしているのか?それとも体臭を放っているのか?!
ねえねえ虫さん、何の魅力に惹かれているのですか?

8月ももうすぐ終わりですね。
やっと下山できます。
この日をどれだけ待ち望んでいたか・・・。
あと3日、頑張ろう!

RINA









by snowspyder30 | 2017-08-26 21:09 | ツアー登山ガイド

平穏な山が戻ってきました

自分の中で意識せずに「身の回りの色」が同系色になり、紫の時期もあれば緑の時期もありました、今は青のRINAです。

精神的な表れなのか、流行りの色なのか・・?
気付けば紫が多かった時期には、意識的に避けるようにしましたね。
紫おばさんになっちゃうから。

-------------------------------------------

久しぶりの雷鳥荘泊のツアーガイドです。

やはり雷鳥荘の設備の快適さはナンバーワンですね!!

とても気持ちの良い朝。
前泊した雷鳥荘を出発してカメラを向けるも、誰も無関心(笑)。
d0110562_15373921.jpg
今日も雄山ピストンですが、一の越までの登山道には、しぶとく雪渓が残っています。
d0110562_15440657.jpg
もうしばらくは消えそうもありません。

お客様が「めがね岩」と呼んだ雪渓がありました↓
d0110562_15461634.jpg
拡大すると、
d0110562_15473766.jpg
私にはおばけに見えます!
こんな感じ?!
d0110562_15481146.jpg
残雪の形から命名される山は意外と多いですが、けっこう無理矢理なところもありますよね。

今日も登山道の混雑を予想していましたが、1週間前と比べると人の数はかなり減り、平穏な立山が戻ってきた感があります。
それでも山頂は大賑わいですけれどね。
d0110562_15521154.jpg

初めて雄山神社のご朱印を見せていただきました。
d0110562_15524164.jpg
全員で登頂おめでとうございます。
d0110562_15533679.jpg
今回は東海のお客様が中心でした。
私の個人的な偏見ですが(笑)、関西のお客様は元気でストレート、関東のお客様はお上品で協調性を、そして東海のお客様はちょうどその中間ですが、どちらかというとちょっとだけ関東寄りなイメージです!
あくまでも偏見です(笑)。

でもそれぞれに個性があり、私もその雰囲気にのまれながら合わせているつもりです(笑)。
様々な地域の方とお話しできるのは、とても興味深く楽しいですね!

ありがとうございました。

RINA

by snowspyder30 | 2017-08-20 20:19 | ツアー登山ガイド

2回目の山の日

眠気覚ましに片手に豆を持って食べていたら、そのままうとうとして豆撒きしていたRINAです。

口の中は豆だらけ。
自分の周りも豆だらけ^^;

--------------------------------------------

昨年より制定された山の日8月11日は、今年で2回目。
2年連続で、立山雄山ガイドです。
昨年に引き続き、混雑が予想されます。

私は早朝雷鳥荘より出発し、室堂ターミナルでお客様をお迎えするのですが・・・・

iPhone忘れた!

雷鳥荘の階段あたりに置き忘れたと思うのです。
取りに戻ると遅刻してしまうし、落とし物ボックスに入ってしまったり誰かに持って行かれたりするとアレなので、とりあえず雷鳥荘に電話しておこう!と思い、ターミナルで公衆電話を探したら、意外とすんなり見つけたのですが、、、

d0110562_08142637.jpg
ガーン(ー_ー)!!

10年に1度使うか使わないかの公衆電話が、故障中・・・141.png

不安ながらも、きっと世の中悪いことばかりではないと信じて、ガイドを遂行。

一の越への雪渓は、1番コンディションが悪かった時期を越しましたが、もう少し残っています。
d0110562_08180524.jpg
山頂は、人と霧でいっぱいいっぱい。
下山の時には、登りの行列がほぼ1列に上から下まで約3/4はつながっていました。
私達のツアーは、何とかすり抜けて調子よく下山できました。

下山途中の景色は美しかった!
d0110562_08273347.jpg

d0110562_08282953.jpg
今日のお客様の中で、とても頑丈な膝のサポーターをしている方がいらっしゃいました。
サイドに曲げ伸ばしができる支えが付いていて、これはすごいなと思いましたので紹介します。
保健適用だそうです。
d0110562_08303535.jpg

そして本日の素敵な女性。
ARC'TERYXもかっこよく着こなしていました!
d0110562_08345217.jpg
まだ登山をはじめたばかりだそうですが、初めから良い物買いましたね!!

さて、室堂まで帰ってきました。
すると、山の日のイベントで大賑わい!
d0110562_08364874.jpg
露店などもあって、けっこう楽しそうですよ。
私もお邪魔しました。
d0110562_08380970.jpg

かわいい笑顔炸裂の女性2人と思ってシャッターを切ったら、うちのお客様でした(笑)。
d0110562_08390713.jpg
そして、室堂の入山安全相談窓口で良くお世話になっている見た顔が・・・!!
d0110562_08394514.jpg
こんな時にもコスプレで、ゴクロウサマデス。
お似合いでした!

みなさん、山の日は満喫されましたか~?

RINA

※雷鳥荘に戻ると、ちゃんと事務所にiPhone届いていました!
 ありがとうございます。

by snowspyder30 | 2017-08-11 21:39 | ツアー登山ガイド