じゅんりなブログ

ブログトップ | ログイン

タグ:剱岳 ( 3 ) タグの人気記事

剱岳大脱走ザラメハッピーターン

昨年立山で会った見た目ボロボロの青年は、見違えるくらいサッパリとした好青年となってまた立山に来てました。
d0110562_17090019.jpg

北海道でガイドの先輩や仲間達からだいぶ鍛えられたみたい。

そんな彼と今日は剱岳。
d0110562_17090183.jpg

d0110562_17090129.jpg

昇温の予報だったけど、気持ち良い風のおかげで快適に剱岳2999m登頂。
d0110562_17090258.jpg

d0110562_17090269.jpg

d0110562_17090346.jpg

比較的滑りやすい大脱走ルンゼだったね。

ハッピー大脱走ザラメでした。


by snowspyder30 | 2017-05-19 16:27 | バックカントリー

人探し

2012年10月の雨の北方稜線で、行方不明となったと思われる登山者のてがかりを捜索。

今年で4回目となる手がかりの捜索を多賀谷先生のアシスタントとして参加。
d0110562_07123907.jpg

d0110562_07123967.jpg

d0110562_07123900.jpg

北股の谷、モンローのクチビル。前人未到とも思われる場所にまで踏み込んだけどてがかり発見には至らず。

単独登山者の捜索はいろんな意味でキビシイ。

雨や雪、霜や氷、山小屋も終いで冬支度を始めた剱岳。

こんな時期にも北方稜線に行くと、池の平小屋に訪れた単独登山の青年に出会う。

状況をたずねられたので、多賀谷先生が状況を説明してました。

彼は無事に北方稜線を通り抜けたかなぁ?
by snowspyder30 | 2015-10-10 06:28 | 山のお仕事

名峰TSURUGI-DAKE

原因不明の睡眠病にかかり、1日20時間睡眠×3日半続けたRINAです。

もしかしたら成長期なのかもしれません。

やっと今は落ち着きました。


今回のお仕事は、良いお天気が続く中での最高の剱岳です。

立山ガイド協会に所属される大先輩池田ガイドから、サブガイドの依頼をいただきました。
まあ、きっと他に空いているガイドがいなかったのでしょう(笑)。
私自身、とても有意義な勉強をさせていただきました。

普段は関西方面からのお客様をガイドすることが多いのですが、今日は珍しく関東圏からのお客様です。
やはり雰囲気はちょっと違います。
西日本も東日本も、個性があって面白いです!

土曜日の夕方の剣沢。
テントも賑わいを見せています。
d0110562_10593154.jpg
この登山者がみんな一斉に翌日に剱岳を目指すと思うと・・・・(^-^;
と、お互いに考えていることは同じでしょう。

剣沢小屋に前泊し、夜明け前に出発です。
d0110562_11022368.jpg

筋状の光がとても綺麗!
d0110562_11025761.jpg

そして、五竜岳の隣からご来光。
d0110562_11055310.jpg
d0110562_11070233.jpg

登りの核心、カニノタテバイでは60人待ち!
d0110562_11090107.jpg
落石が多いので、安全地帯で待ちましょう。

みなさんグングン登っていきます。

午前9時過ぎ、登頂おめでとうございます!
d0110562_11101918.jpg
頂上はごった返していますが、とにかく気持ちがいいです~。
池田ガイドがミルクティーを振舞って下さいました。
(ナイスサービスですね。メモしておきます。)
山で飲むと、なんでこんなに美味しいのでしょう。

槍ヶ岳の手前稜線が立山の主峰。
d0110562_11184763.jpg

それではドキドキの下山が始まります。
カニノヨコバイというアトラクション、待ち時間数十分。
d0110562_11230910.jpg
池田ガイドは山岳カメラマンでもあります。
カニノヨコバイでは、旅の想い出にお一人ずつ撮影。
d0110562_11242268.jpg
これはいい記念ですね!!
池田カメラマンの立山連邦周辺のカレンダーも販売していますので、こちらもよろしくお願いします(営業スマイル)。
ちなみにJUNRINAも購入しています!!

核心部が過ぎても、次から次へと核心はやってきます。
いつまでも気が抜けない剱岳。

コマクサも必死です。
d0110562_11292304.jpg
昔、剣岳には自生しないと思われていたコマクサですが、
誰かが持ってきちゃったのかな?
30年ほど前に発売されている立山の花の本には掲載されています。
謎多き花です。

そして~、全員無事下山!
d0110562_11334163.jpg
お疲れ様でした!

この後、熱過ぎるカレーライスとギンギンに冷えたお茶を、剣沢小屋でいただきました。
昨夜のエビフライといいカレーといい、下界のレストランより熱アツが出てくるという剣沢小屋のホスピタリティには参りました。
お陰で舌を火傷しましたけど。
本当に素敵な山小屋です。
大変お世話になりました。


ここからはちょっと余談です。
「体が弱いから」(笑)と口癖の池田ガイドの、体を丈夫にする
「スタミナドリンク」ケースごと。
d0110562_11401527.jpg

顔パーツの境目がわかりにくいですが、池田ガイド(中央)、本当にありがとうございました。
d0110562_11415885.jpg

山小屋でご一緒させていたきました、本郷ガイド(右)、そして多賀谷ガイド、大先輩に囲まれて、とても有意義な時間でした!

今回はサブでしたので、目立たないように地味~な色の服にしておきました(笑)。

RINA

by snowspyder30 | 2015-08-09 23:03 | 山のお仕事