人気ブログランキング |

カテゴリ:海外( 52 )

カテドラルでスキー(後編)

小さい頃、ほうれん草の鉄分で口の粘膜がざらざらになるのが嫌で、なかなか呑み込めなかったRINAです。

嫌いなものは早く呑み込んでしまった方が楽になれることに気づいたのは、大人になってからです。

現在南米は、冬のバカンスシーズン。
日本でいう、年末年始みたいに混んでいます。

この混みようといったら!
d0110562_631289.jpg

1時間は待ちました。
6人乗りリフトですが、低速リフトで搬器は日本の半分しかないので、全く効率が悪いです。

そしてやっと上までたどり着いて、お腹が空いてレストランに入り、食べ終わって外に出ると誰もいない。
d0110562_9574431.jpg

強風でリフト運休。

ええ、そうです。
ゲレンデの一番上のレストランに食べに来たかっただけです。
d0110562_1062431.jpg


次の日はJUN君、リフト券部屋に忘れちゃった!から運休。
(スキー場までバスで50分通ってます)
雨も少し降って来たしね。

次の日は、前日に少し降雪があったので5センチくらいはパウダーかな~と淡い期待を込めて、
始発のバスに乗り、リフト開始の1時間も前に到着!
張り切りすぎて、実際のパウダーは2~3センチ程度。
しかも風でたたかれて、なお一層固いバーンになっている。
d0110562_1073442.jpg

オフピステから固い圧雪に出たところで、JUNのビンディングが片方もげてしまった。
もう片方も、スキーブレーキが変形してしまった。
そして、板のトップシートが盛り上がってしまった。
気分は盛り下がり。。。

で、あっけなく本日も終了!

トボトボ歩いて下山する可愛そうなJUN君。
d0110562_1082219.jpg


カテドラルのベースで、唯一ツアービンディングを扱っていたショップがあり、
選択の余地もなく日本円で9万円近くするマーカーF12を購入しました。
クレジットカードのエラーが続き、3枚目でやっと決済が下りて、ホッ。

まさか地球の裏側で、VECTOR GLIDEがチューンされるとは考えてもいませんでした。
d0110562_1085888.jpg

極太ジーニアスに合うサイズのブレーキがあったのも奇跡だったかも。

d0110562_1094468.jpg


RINA
by snowspyder30 | 2013-07-17 07:48 | 海外

カテドラルでスキー(前編)

100点のない、すべてが70~80点の国、アルゼンチンに生きるRINAです。

チリからアルゼンチンのバリローチェにやってきました。
スイスの香り漂う、アルゼンチン最大のリゾート地です。

この町からバスで50分ほどの場所に、
セロ・カテドラルというスキー場があります。

やはりここも雪不足。
現地の人でも今までに見たことがないというほど、ベースの1100mには全く雪がありません。

そして、一番楽しみにしていた上部のTバーも雪不足でクローズしています。
悔しくて、、、
d0110562_1042636.jpg

鼻水がちょちょぎれました。

多くの人はリフトを使って下山しますが、
私達はネバって、滑れるところまで頑張ることにしました。
d0110562_1055163.jpg

もはや、これまで・・・
d0110562_10562044.jpg

というわけで、ここからはしょって歩いて下山。
d0110562_10572517.jpg

板には雪ではなく土がいっぱい付着!

途中、渡渉もあってアドベンチャー。
d0110562_1058537.jpg

私達は順番を待ちきれず、川をじゃぶじゃぶ走って渡りました。

そうそう、ゲレンデ内で「ニホンジンデスカ?」と声をかけてくる人が!
日本語で話しかけられるのは初めてでした。
d0110562_11173.jpg

救世主、現る

そう、彼は志賀高原でスキーインストラクターをしていて、
日本人のお父さんを持つアルゼンチン人だったのです。

彼の名は頭文字をとって、JP。
お陰で、私達の頭の中の???マークをすべて解決してくれました。
彼が働いているスクール控室に、私達のスキーやブーツまで置かせてくれて、
本当にラッキーでした。
JP、ありがとう!!

雪は少ないけれど、いい出会いもあった!

RINA
by snowspyder30 | 2013-07-14 09:38 | 海外

大好評につき完売しました

パウダーがなくてもめげないRINAです。

パウダーが無くてもパウダーを探して楽しんでいるのももう限界です。
パウダーは一昨日で完売しました。
d0110562_1123293.jpg


オフピステはこんな風ですし。
d0110562_1113423.jpg


トンネルで遊ぶか
d0110562_11185035.jpg

撮影大会か
d0110562_1120348.jpg

圧雪バーンを練習するのが日課です。

ところで、海外の子もお行儀よく正座するんですね。
d0110562_11244092.jpg


明日はアルゼンチンに戻ります!

RINA
by snowspyder30 | 2013-07-12 10:57 | 海外

ポルティージョ、クローズ

南米の便座が高すぎて、足がブラブラしてしまうRINAです。

今日は朝から夫婦そろって体が重いね~と話していたら、スキー場がクローズしてしまいました。
大雪の吹雪でっ!っていう理由ならいいですよ。

地吹雪です。

インカ湖は白波が立ち、
降ってくるのはすでに積もった古い粉だけ。
空は全面曇っているけれど、降雪はありません。
地吹雪がすごすぎて、まるで雲がかかったように白くなる山頂。
d0110562_65236.jpg

赤い人達は、撮影中のスキースクール。

ついに雪が飛ばされて、下の茶っこい雪が出てきました。

いえいえ、そんな中でも楽しむ気持ちは忘れませんよ!

ところで、九十九折(つづらおり)になっている国道を何回もまたいでリフトがかかっている場所があります。
d0110562_6104062.jpg

でっかいトラックがミミズのように這っているように見えます。

この狭い世界の中だけでしか娯楽がない中で、いつも笑わせてくれるスタッフ。
d0110562_615088.jpg

南米式のチューの挨拶にも慣れてきました。

RINA
by snowspyder30 | 2013-07-10 05:55 | 海外

超高速5人乗りTバー!

カラムーチョのムーチョがスペイン語で「たくさん」の意味であることを知って、スペイン語に興味を持ち始めたRINAです。

こうして考えてみると、プリメーラ(1級品)、ビスタ(元来ラテン語で眺め)、クレスタ(飾り)、セリカ(天の)、プレミオ(賞)、シーマ(頂上)、セフィーロ(そよ風)、セレナ(穏やかな)、バモス(さあ行こう)、ディアマンテ(ダイヤモンド)、ファミリア(家族)などの車名だけでも挙げればきりがありません。

こんなにたくさんスペイン語が使われていたんですね。

ポルティージョのスキー場は、前回訪れたファレジョネス・エルコロラド・バジェネバドより少しだけ雪があるように思えますが、どっちにしても岩はつきものです。
もうかれこれ50~100か所くらいは傷つきました。

スキー場の左右を分けているインカという湖があります。
d0110562_527162.jpg

比較的上級者向け斜面が多いスキー場です。
降れば・・・すごいです。

名物は、5人乗り超高速Tバーがあること。
d0110562_5294010.jpg

円盤を股に挟んで手すりにつかまります。
そうすると、日本の高速リフトより早い速度でびゅーっと運ばれていきます。
初めて乗る人はみんな悲鳴を上げます。

そう、私もスリル満点でウォ~っと叫びました。

降りる時は、急斜面のままストップするので、
端から順番に手を放してバックしながら左右に避けるというテクニックが必要です。

ロープウェイ方式なので、往復1基しかありませんが、
このTバーはオフピステの急斜面好きしか乗らないので
用のある人は少ないようです。
全然並びません。

これに乗ると、こんな滑りができます。
d0110562_53628100.jpg

d0110562_5385285.jpg


時には、こんな風に
d0110562_5404530.jpg

衝撃的瞬間もお見せできます。
JUNが、RINAも転ぶんだね~と大変お喜びのご様子でした。
d0110562_5425893.jpg


パウダーがなくてもパウダーを見つけて楽しんでいます。
RINA
by snowspyder30 | 2013-07-09 04:42 | 海外

ポルティージョコロニー

南米でクリクリにパーマをかけている小さい女の子を見ると、つい、勝った!負けた!とランク付けをしてしまう、大人げないRINAです。

d0110562_1123099.jpg


場所はチリ、ポルティージョに移り、先週までの自炊・共同生活とは打って変わり、
朝・昼・晩のコース料理に加え、ティータイムも宿泊代に含まれています。
d0110562_2252941.jpg

リフト券も付いていて、他に何もお金を使うところがないという、
社会主義的なワールドです。
このポルティージョが経営する以外の民間施設は何もありません。
つまり、ここに泊まらなければスキーができないのです。

黄色いホテルはべらぼうに高いので、私達は2段ベッドのココに泊まっています。
d0110562_2191141.jpg

スイスツェルマットを意識してか、このホテルにはセントバーナードがいます。
でも態度がでかすぎて
d0110562_11423397.jpg

階段も通せんぼされます。
散歩は自分で行きますが、ほとんど運動しません。

アルゼンチンやチリでは、捨てられた大型犬が多く、それらが野良犬となっています。
ゲレンデを走り回ったり、Tバーの横を歩いていたりもします。

他に遊ぶ街がないので、ホテルのリビングでウノしたりトランプしている家族が多いです。
d0110562_2282771.jpg

そういえば、フランスでバムしていた時は、
スキー場の中のレストランにトランプや新聞を持ってきて、
休憩時間に遊んでいる家族が多くて微笑ましかったなあ~。
でも今は時代も変わり、男の子はiPadでゲームをしている子がほとんどです。

スキー板やブーツは、ホテルで無料で預かってくれます。
その預け方が面白くて、
この鉄格子ならぬ、木格子の間から板とストックを受け渡しします。
d0110562_423195.jpg

ところが、ジーニアスは太すぎて入らない場所もあります。
わざわざこの格子を作る必要もないような気がしますが。

ポルティージョのスキースクールには、ニセコで働いていたスタッフがたくさんいて、
いろんな人に
「ニホンジン?オ~ニセコ!」
と声をかけられます。
そして、「VECTOR GLIDE知ってるぞ!ニセコではポピュラーだぜい!」
と、うれしい言葉をかけられます。
地球の裏側で、実は密かに有名だったなんて♡

もちろんここ南米のスキー場には日本人はいません。

RINA
by snowspyder30 | 2013-07-07 11:08 | 海外

ホテルはどこ?

南米に来て2週間近くも経つと、私の日本語の主語述語がめちゃくちゃな順番になっていることに気づかずしゃべっているらしいRINAです。

だからといってスペイン語がしゃべれるわけでもないのですが、確かに、日本語が下手になっています。
このままだと帰国するころには、南米人になっているかもしれません。

チリのファレジョネスに6泊滞在していましたが、最終日に初めて雪が降り出した時には移動です。
いったんサンティアゴへ戻り、明朝ポルティージョへ。

数日前にネットで予約したVIP HOME APART HOTELというサンティアゴのホテルに1泊する予定でその住所へ行ってみましたが・・・
d0110562_10573687.jpg

ただのアパートにしか見えない。

VIPという名前が気に入って予約はしてみたものの、どんなシステムかもわからないし、アパートホテルだからキッチンが付いているのかな、という程度にしか思っていませんでした。

でもその正体は、普通のアパートの1室をオーナーが個人的に貸している、見た目はホテルでもないしフロントもないというものでした。
部屋番号もわからないし、どこへ行けばいいのかも不明。

たまたま送迎してくれたカンパニーの人が、気を利かせてアパートの管理人さんに声をかけてくれたので、スペイン語だけど何とか意思疎通ができたというラッキーな展開でした。

そのアパートの9階でオーナーのおばさまからカギを預かり、部屋の説明を全く理解できないスペイン語でされ、なるほど~!と納得する。
部屋はメルヘンチックでとてもかわいくて、おばさまの趣味が入っています。
d0110562_1175652.jpg

セクシーな絵画が飾ってある壁に、
d0110562_1191536.jpg

「OH!JAPANESE!」
と言うと、おばさまは目を輝かせて
「あら?あなた日本から来たの!うちの子供たちは東京に住んでいるのよ。CHIAKIとISAOと・・・モデルやっててね、パリのショーとかに出てて、クリスチャンディオールとかね・・・あらやだ~、偶然ねぇ!」
と話は尽きない。
スペイン語なのに、なぜかこのおばさまの言うことが理解できる気がする。
もう、おばさまは私達に喜んじゃって大変!
本当に人のよさそうな方でした。

ひととおり部屋の説明と子供達の説明を聞いて、おば様が帰った後、またうちの部屋に来た!
今度はインスタントコーヒーの粉と電球を持ってきた。
「球切れなのよね~、つけてちょうだい!」
と言ったかどうかはわかりません。
確かに球切なので、JUNが付けてくれましたが
d0110562_1119072.jpg

ご覧のとおり、付けても1つは電球なし、2つは傘から電球が飛び出ていて、一つは色が違う!
やはり南米式です。完璧は絶対にありません!

夕飯は久しぶりにちょっと気取ってみようと思い、この場所のホテルにしたのですが、30分ぐらい歩き回った結果、
「マックにしよう。」
と、いつものように海外マック食べ歩きの旅が始まってしまいました。
d0110562_5333175.jpg

このサンティアゴのマック、従業員の密度が濃すぎて、蟻さんのように働かない人が数%います。
で、オーダーが全然進まない。
出来上がったハンバーガーはいったいどのくらいの時間置いてあるのだろう?という感じ。
そして、オーダーする私達にしきりに何か言っている。
「コーラもコーヒーも何もないのよ!水だけでいいの?」
なんとなく、怒ってる。この人、怖い。
確かに、私達の前のお客さんで飲み物は全部売り切れたのか、マシンが壊れたのか、次からは全員水。
オーダーして15分くらい待っていると、従業員がスーパーで買ってきた大きなペットボトルのジュースを運んできていました。

そして、私達のオーダーしたつもりの会計は全部で2000円を超えていたのですが、
中には700円もするラップサンドとか、フライドポテトは大きなサイズが4つも入っていました!!
何だかよくわからないけれど、とりあえずお腹が空いたので良しとします。

明朝、旅行会社を通して頼んでおいたプライベートバン(ハイヤー的な)とアパートホテルの前で10時に待ち合わせしていたのに、2時間15分遅れで迎えに来ました。
アルゼンチンと違って割と時間に正確だと言われているチリですが、オーナーのおば様が何度も連絡を取ってくれて、遅れた理由が
「アクシデント。」
ただそれだけ理解できました。

ポルティージョに到着したのは15時。
せっかく前日に10㎝の貴重な降雪があったのに、結局この日は滑れませんでした。
d0110562_550694.jpg

ポルティージョで1週間楽しみます。

RINA
by snowspyder30 | 2013-07-06 10:41 | 海外

ヒッチハイクの勇気が出ない

共同シャワー&トイレで2度もドアを開けられてしまったRINAです。

「あ~、入ってます」
「ダメダメ」
なんて言っても通じるわけがありません。
でも思わず言ってしまいます。
ドアの鍵は普通に壊れています。

なかなか雪が降りません。
d0110562_94657100.jpg

4日前の降雪をねらって、コロラドバックカントリーへ行ってきました。
前日にチェックしたココを滑ります。
d0110562_9485280.jpg

d0110562_950775.jpg

急斜面ではありませんが、パックパウダーと岩を避けるテクニック!

1日にだいたい5箇所くらいはソールに傷が入ります。
もういちいち確認していられません。

ゲレンデには戻れないので、国道近くまで滑った後は
1.ヒッチハイク
2.歩く
3.ひたすらトラバース
の選択肢があります。

1には非常に興味があるのですが、気弱な私達は勇気が出ませんでした。
このあたりでは成功率80%くらいらしいです。
でも次の日ヒッチハイクしたジャクソンの話によると、
同じ場所で1時間半も待ったと言っていました。

3は滑走距離が短くなり、上部でトラバースするのはもったいないです。

というわけで、得意の2.歩くとなりました。
1時間ほどスキーのまま緩やかな移動。
気持ちいいです。
d0110562_9583072.jpg


でもだんだん岩が多くなり・・・
d0110562_9595038.jpg

あとの1時間はシールをつけて歩きました。

今日の私のビーコン!
d0110562_1034177.jpg

実は、iPhoneカバーです。
非売品かな?
テーブルに置いてあったり、ウエアのポケットに入れていると、
つい「あれ、なんでここにビーコンが?」って
何度も間違えてしまうほどのマムート公式カバーです。

夕方、素晴らしい夕焼け。
d0110562_1023385.jpg


次はサンティアゴに戻ってから移動します。

RINA
by snowspyder30 | 2013-07-02 09:36 | 海外

アンデスの中腹で大渋滞!

1週間以上してやっと時差ボケが治りかけているRINAです。

毎日寝すぎです。

やっとこさ、ブログをアップする気力が湧いてきました。
旅の予約がまだ完璧ではないので、毎日調べものに追われています。

ここはチリ、サンティアゴ。
今日はチリからアンデス山脈ファレジョネスという標高2500mへ移動します。

朝はホステルの向かいにあるスキーショップから
乗合でファレジョネスに向かうのですが・・・

集合時間にスタッフが出勤してきます。
南米では当たり前のことですね。
私達は歩いて2秒の集合場所へ15分も早く到着して待っていました。

このとおり、余裕がないので看板も出し忘れます。
d0110562_56171.jpg


一応レンタル屋さんなんですが、日本よりだいぶ遅れています。
d0110562_582026.jpg


集合時間から1時間遅れで出発。
d0110562_5115439.jpg


こちらのリゾートは1週間単位でないと宿泊の予約ができないホテルが多く、
1週間は土曜日に始まります。
それで、移動日の今日も土曜日なので
1本道の国道はすごく渋滞する。
d0110562_5165554.jpg

そのおかげで、車窓から色々な景色が楽しめます。

砂漠ならではのサボテン!
d0110562_5181069.jpg


渋滞に飽きて散策する人。
d0110562_520119.jpg


渋滞を利用してトレーニングする人。
d0110562_522307.jpg


渋滞に一人勝ちの自転車。
d0110562_523273.jpg


アンデスの中腹では、山道にも関わらず過酷な渋滞から逃避する様々な行動が見られました。

今日から6泊するホステル。
d0110562_5273824.jpg

スタッフもカナダやスペインから来ていて、
ゲストもあちこちから寄せ集めた国際色豊かな宿です。

午後は軽く足慣らししました。
ファルジョネスのスキー場には門があります!
d0110562_5291137.jpg


プチパウでした!
d0110562_533383.jpg

でも岩もごっそり・・・

RINA
by snowspyder30 | 2013-06-29 05:35 | 海外

南米生活

しばらくご無沙汰してしまって、みなさんに忘れられていないかどうか心配なRINAです。

44日間のJUNとRINAの南米スキーめぐり。
そのうちの10日間くらいは移動に費やされます。

カタール航空ドーハ経由を初めて使いました。

噂通り、中東系の飛行機はすばらしい!
まず、客室乗務員がみんなきれい。
そして、一番重要な機内食が美味しい!
一般のレストラン並みかそれ以上です。
座席も他の飛行機に比べて、足元に少し余裕があるんです。
可愛いポーチ付き♡

寝ることが特技だと周りから言われている私は、
相変わらず30時間以上の飛行機の中でも、
食事以外はずーーっとぐっすり寝ていたのでした。

ドーハでの乗換え。
d0110562_323277.jpg

空港内にモスクの表示アリ。

いつもの海外では、山の中でテントだったのでお金がかかりませんが、
今回はキャンプするわけにもいかないので、、、
安いホステルに泊まってます。
セレブな私にとっては初体験!!

アルゼンチン、ブエノスアイレス。
古ーい映画に出てくるようなエレベーターに乗って
d0110562_3271885.jpg


洗濯物の中を通って
d0110562_3293285.jpg

キッチンに行きます。
d0110562_3293166.jpg

JUNが珍しく料理?

いえいえ、お湯を沸かしているだけです。

ここは南米。
スペイン語。
共同キッチン、共同トイレ・シャワー、なんでも共同。
とにかく完璧な設備は何もなく、必ずいくつかは壊れています。
笑ってごまかすだけです。。。
トイレには紙を流しちゃいけません。
トイレも流しもすぐ詰まります。

そしてホステルには世界一周をめざしている旅人達がたくさん泊まっています。
みんないろんな言語を勉強しながら、けっこう頭が良くないとできない旅だなーなんて思います。

私達がしゃべれないのに2人で来ていることに、
あんたクレイジーだ!この先旅を続けるのは絶対無理だ!
とまで言われました。

ブエノスアイレスは2度目ですが、前回来た時にはなかったお店が駅の隣にありました。

のびたく~~~ん!
d0110562_3401822.jpg


ブエノスアイレスでしっかり情報取集して、
雪不足でスキー場のオープンが遅れているアルゼンチンを後に、
場所はチリ、サンティアゴへ。
d0110562_3414526.jpg

後ろの山々に明日、行きますよ~!
待っててね~山!

今晩もホステルでは賑やかなパーティーが。
食事を作ろうとすると、世界各国から来ている旅人達にちょっかい出されます。
なかなか前に進めません。

そんな中、南アフリカ人の女性と仲良くなりました。
d0110562_346541.jpg

暗いのか黒いのかちょっとわかりづらいのですが。
すごくお洒落な子でした。
彼女の髪の毛かわいいなーと思っていたら、
彼女の方から、素敵な髪形ね!なんて話しかけてくれました。

男はどの国も下品なのか?
どこの国の人かわかりませんが、
JUNに日本の真実を聞き出そうと一生懸命な一人の男がいまいた。
テレビやインターネットで見たんだけど、
日本人は人の目をなめるのか?とか、
自動販売機に女性のパンツが売ってるのか?とか!

あ~、もっと英語がしゃべれたらいいのにな、と思う瞬間でした。
(ここはスペイン語ですが)

ところで、ラテンな国。
飛行機への荷物が40キロオーバーでもダイジョブでした!

さて、明日からスキー場へ移動です。
スキー場に行くまで5日間かかりました。

旅はつづく。。。

RINA
by snowspyder30 | 2013-06-28 03:58 | 海外


バックカントリーのプロガイドJUNRINAの活動ブログ


by snowspyder30

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

じゅんりなのホームページ

最新の記事

JUNRINAの歴史は移行し..
at 2018-11-19 18:31
紅葉の八ヶ岳
at 2018-10-14 21:11
北欧の旅~デンマーク~
at 2018-10-11 22:41
北欧の旅、フィヨルド
at 2018-10-09 21:49
北欧の旅~ノルウェー~
at 2018-10-08 17:37
北欧の旅~スウェーデン~
at 2018-10-07 22:06
西丹沢の茗渓小川谷
at 2018-10-07 20:39
北欧の旅~フィンランド~
at 2018-10-06 22:42
紅葉の巻機山 米子沢沢登り
at 2018-10-06 20:41
歴史とロマンの裏剱
at 2018-09-29 15:26
秋の苗場山
at 2018-09-26 23:49
紅葉の立山三山縦走
at 2018-09-24 21:41
たまにはJUNRINA登山ツアー
at 2018-09-23 15:03
VECTOR GLIDE 立..
at 2018-09-22 15:25
雷鳥生息地国内最北端
at 2018-09-17 21:45

記事ランキング

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

カテゴリ

全体
バックカントリー
スキー

美味しいもの
いろいろ
お勉強
シャワークライミング
お天気
ギア
海外
雷鳥荘
スタッフ募集
かぐらバックカントリー
ガイドトレーニング
トレーニング
クライミング
たてやま
山のお仕事
バックカントリーツアー
立山バックカントリー
速報
ツアー中止
下見
温泉・観光
沢登りで山登り
休日
シーカヤック
かぐらスキー場
越後湯沢
日本バックカントリースキーガイド協会
Vectorglide
アイスクライミング
予約状況
ARC'TERYX
ツアー登山ガイド
遭難救助隊
お知らせ
未分類

フォロー中のブログ

BOZEMANのブログ

タグ

(881)
(705)
(506)
(328)
(247)
(239)
(211)
(168)
(150)
(122)
(99)
(76)
(62)
(55)
(55)
(47)
(47)
(35)
(31)
(29)

検索

ブログジャンル

ウィンタースポーツ
登山

画像一覧