人気ブログランキング |

<   2015年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

81歳の穂高岳縦走

微妙なお天気の今週は涸沢から北穂高岳〜涸沢岳縦走ガイド。

微妙だった天気はフタを開ければ比較的イイ天気。

陽の光が暑い。
d0110562_05510301.jpg

例の81歳のお姉さまと穂高の稜線歩き。

彼女の元気が良すぎて、時々彼女が高齢者だということを忘れそうになる。

今年中に未だ登頂していない全ての3000m峰に登頂する事が目標なのだそうで。

残る3000m峰はあと13座。
d0110562_05510325.jpg

d0110562_05510361.jpg

d0110562_05510366.jpg

d0110562_05510356.jpg

大人気の北穂高小屋。

この小屋が大好きな登山者は多いでしょう。

穂高稜線3100mにありながら、生ビールはあるし食事も美味しい。

しかも潔癖と言われるほど小屋が綺麗。

大絶景のテラスも素晴らしすぎる。

個人的には日本一の山小屋だと思う。
d0110562_05510442.jpg

ところで、ここで知人で同郷でもある山岳パトロール女子と久しぶりに会ったのだけど、相変わらず「チャラい」とか「見た目頑張り過ぎ」とかって散々言われたけど、僕ってそんなに頑張り過ぎてますかねぇ?

褒め言葉として受け止めさせていただきます。
d0110562_05510456.jpg

d0110562_05510480.jpg

d0110562_05510525.jpg

d0110562_05510512.jpg

先ずは3000m峰2座登頂おめでとうございます!

by snowspyder30 | 2015-07-31 05:02 | 山のお仕事

今シーズン2度目の立山登山ガイド

今日は馴染みの立山ガイドです。

下界は35℃を超える激しい暑さだそうで。

いやぁ、恐ろしくて下界に降りたくない。
d0110562_21331052.jpg

そんな今日は曇りのち晴れで強風のオマケ付き。

涼しいを通り越して少し寒いくらいの条件でした。
d0110562_21331045.jpg

小屋関係者や環境省職員に警備隊など、知った顔ぶれがやたらと多いと思ったら、立山頂上峰本社例大祭が行われていました。

安全や商売繁盛を祈願するお祭りの様でした。
d0110562_21331098.jpg

今日の最終目的地はここ。

映画「春を背負って」の舞台となりました大汝休憩所と、立山連峰最高峰の大汝山です。
d0110562_21331071.jpg

映画の舞台となったからでしょうか。多くの人達が食事を楽しんでました。
d0110562_21331168.jpg

やっぱりカレー?
大汝定食?
一度食べてみたいですねぇ。
d0110562_21331196.jpg

↑上は氷河と認定されたサルマタのカール。まだまだ滑れそうだね。
d0110562_21331143.jpg

↑立山稜線から見た山崎カールに室堂、大日連山。

雪渓の残る山はイイね。

猛烈に暑い下界から来たお客様達は雪渓に大喜びでした。

暑い真夏に雪の上を歩いたんだから良い思い出作りになったんじゃないかな。
by snowspyder30 | 2015-07-27 21:03 | 山のお仕事

残雪美しい立山三山

牛乳と麦茶のミックスで、カフェオレ風味を楽しむRINAです。

ノーカフェインですよ!
お試しあれ♪


今日はマイホーム、立山三山ツアー登山ガイドです。

この時期特有の残雪の形があります。
d0110562_13242808.jpg
山小屋への到着がかなり遅くなりそうだったので、プランを変更して一の越山荘へ直行。

その分翌日は早朝出発となり、1日の行動時間は長くなりましたが、そのお陰で夜明けの景色が素敵でした。
d0110562_13334712.jpg
左奥に浅間山、中央奥に八ヶ岳、右奥に南アルプス。
そして、餓鬼岳(ガキだけ)の奥には富士山の頭が見えています。

昨日スルーしてしまった立山三山のうちの1つ浄土山へ。
 ※立山三山は、浄土山・雄山・別山

すごい風です。
結構寒くて、ダウンを着たりフードをかぶったりしています。
d0110562_13420768.jpg

ハクサンイチゲも首を振ってしまって、上手く写真に写ってくれません。
d0110562_13430072.jpg

下界では熱中症で人が運ばれているというのに、私は別山までダウンを着て歩きました。

チングルマやミヤマアキノキリンソウなどはあまりにも有名なので省略しますが、今回よく目についたのは、

タカネヤズハハコや
d0110562_13481815.jpg

タカネツメクサ。
d0110562_13484176.jpg
イワツメクサもたくさん群生していましたね。


ガスの中、雄山までの登山道を登っていきます。
d0110562_13494070.jpg
山頂へいくと、視界が良くなってきた!
d0110562_13513279.jpg
25日当日は、立山頂上峰本社例大祭が行われたそうです。
(夏山登山の無事故と商売繁盛を祈る。)


室堂や雷鳥平周辺の模様がとっても綺麗!
d0110562_13551754.jpg
別山辺りまでいくと、風も少しずつ穏やかになり、景色を見る余裕も出てきました。

稜線歩きを後に、雷鳥沢の長い雪渓を下っていきます。
d0110562_14005220.jpg

正面、雷鳥荘の下の斜面では、スキーレーサー達が滑っています!
d0110562_14095143.jpg
「この斜面を登り切ったら、雷鳥荘で温泉・ビールが待っていますよー!」

オンセン♪ビール♪オンセン♪ビール♪を励みに、がんばっていこう!!

早朝から本当にお疲れ様でした!
d0110562_14141345.jpg

最終日は朝からスカッと晴れました。
d0110562_14155635.jpg

この時期みくりが池に出没する、クジラ。
今年はどんな出来栄えかな?
d0110562_14164457.jpg
今年のクジラは、大きな口を開いて何か食べようとしている!
これは珍しい。
ちょっとマヌケっぽいクジラではありますが。


ツアーの最後は、日本一の落差の称名滝を見に行きました。
d0110562_14215763.jpg
この称名川には、雷鳥荘で皆さんが汗を流した雫も一緒に流れています。
(浄化槽を通ってからね)


山って、毎回いろいろな変化があって、そして違う状況・環境の中で遊ばせてもらって、何度来ても飽きませんね。

ありがとうございました!

RINA



by snowspyder30 | 2015-07-26 23:23 | 山のお仕事

81歳の剱岳

冗談じゃありません。

マジです。

今回のクライアントは、60年前の女学生時代に長次郎谷から剱岳登頂を果たしたのだそうで。
d0110562_19370749.jpg

d0110562_19370839.jpg

d0110562_19370859.jpg

下り坂のお天気予報ですが、綺麗な虹で良い気分。

虹より高いところにいるってのもイイね。
d0110562_19370976.jpg

剣沢小屋発4時間半で見事に登頂!

60年ぶりの剱岳登頂おめでとうございます!

剣沢小屋〜剱岳往復やく10時間。

お疲れ様でした〜!



by snowspyder30 | 2015-07-22 19:06 | 山のお仕事

北アルプスの宝石?赤木沢

黒部源流域の赤木沢3日間の旅です。

ただでさえこの時期水量が多い黒部源流。

台風のおかげでさらに水量UP!

グレードもチョッピリUPな赤木沢でした。
d0110562_05062728.jpg

黒部源流ではお馴染みの薬師沢小屋からスタート!

・・・のはずでしたが、昨日の台風の風雨が激しく、昨日は太郎平小屋までで行動を打ち切り。

今回の赤木沢は太郎平小屋からスタートでした。
d0110562_05062732.jpg

d0110562_05062756.jpg

d0110562_05062896.jpg

水量UPなだけにヘツリのグレードもチョッピリUP!

その分エキサイティングで盛り上がりましたが(笑)
d0110562_05062826.jpg

d0110562_05062845.jpg

赤木沢の中間までは暖かな陽射しがあって気持ち良かったのですが、大滝を過ぎた辺りから雨とガス。

うーん。黒部の景色を楽しめなかったのは残念。
d0110562_05062828.jpg

d0110562_05062802.jpg

まだ旬な時期より早いからまだお花畑は育ってませんでした。

最後の雪渓。以外と雪渓が多くて衝撃でした。

エキサイティング盛り沢山の赤木沢。

一緒に遊んだ皆さん。ありがとうございました。
d0110562_05062983.jpg

そしていつもお世話になってます黒部源流域の太郎平小屋(グループ)。

会長や一樹さん。大変お世話になりました。

2日間ズブ濡れ全開でしたが、小屋の暖かさで心身癒されました。
d0110562_05062938.jpg

余談ですが、下山日は7月20日海の日。ワタクシJunは43歳になりました。

新しい1年をどうぞよろしくお願いします。
by snowspyder30 | 2015-07-20 22:39 | 山のお仕事

ギリギリのラインー焼岳

最近、ズッキーニにハマっているRINAです。

今日も1人で大きなズッキーニ1本丸ごと食べてしまいました。
だって、湯沢は安いんです!


本日のタイトル「ギリギリのライン」と聞いて、何を思い浮かべるでしょう?

下着のラインだったり、洋服のラインだったり、
成績のラインとか、車で走行中のラインとか、
値下げのラインや異性のタイプのラインもあるかもしれない。。。

人それぞれ色々な「ギリギリ」があると思いますが、
今日は私にとって、本当にダメかもしれない・・・と思う、人生ギリギリの夜となりました。

それは、焼岳ガイドの出発でした。

イタリアから帰国して1本目のお仕事です。
久しぶりに車に乗ると、エンジンがかからない!

トホホ・・・

これからJAFを呼んだら、集合時間に間に合わない。
さあどうしよう~。

すると、マンションの窓から「どうしました?」と、天使の声が!!
すぐにバッテリーを繋いで下さり、とりあえず難を逃れました。

そして次の難題が。

車に積んであると思っていた登山靴がない!
東京に忘れてきてしまっていたのです。
こうなったらスニーカーでも何でもいいわ!と思って靴箱を見渡しても、あるのはバックスキンのチャライ靴だけ。

そうだ!
今日ちょうど注文していた登山靴がメーカーから届いていたんだった!
箱を開けてみると、、、そこには注文したよりも1,5センチも大きなサイズの靴が入っていたのです。

もう絶望的。

諦めて、出発しました。
(夜遅いので、店は開いていません)
でもしばらくして何となく気になり、もう一度家に戻って歴代の靴が入った箱を探してみました。
アコンカグアで履いた、-30℃~40℃対応のゴツイ靴ならありました。
ん~、これならまだチャライ靴かサンダルの方がマシかな。
なんて独り言を言っていたら、
出てきましたよ!私の第2の登山靴が。
ここにも女神がいたのです!!

その後ガソリンスタンドで超奮発して、何があってもバッテリーが上がらないような、超高級なものに交換しました。

この時点で、集合時間の余裕をすべて使い切ってしまっていたので、超安全運転で頑張りましたよ。
時差ボケ中なので、夜中のドライブが快適快適!

そして、ギリギリセーフだったのかアウトだったのかはわかりませんが、とりあえず早朝にツアーバスと合流できました。

今日もギリギリのラインを乗り越えられました!!
一件落着。

はい、これから本番です。

前日の天気予報では回復するはずだったのですが、なかなか展望は開けない。
d0110562_23240157.jpg
一瞬チラっと見えそうな山頂を、みんな期待しているんだけどな~。

焼岳山頂もあいにくでした。
が、何か見えるかも!
d0110562_23263238.jpg
こっちも!
d0110562_23282112.jpg
見えたのは、上高地でした~!
d0110562_23285950.jpg

さて、山頂の道標ですが、
この大きな丸太の道標を引っこ抜いて写真撮影する登山者を見受けます。
d0110562_23305444.jpg
これだけ重いものですと、固い地表には刺さりません。
それで次の人がこの近くへ行くと、倒れてきそうになりとても危ない様子でした。
とりあえず皆さんと一緒に周りを石で固めましたが、強風が吹けば倒れてしまうでしょう。
小さな道標ならまだしも、このような大きなものを抜くのは大変危険ですね。


下山中も天気は回復せず、ちょっとグッタリ気味?
d0110562_23383612.jpg

焼岳小屋からは本格的な雨となってしまいました。
核心の長い梯子も慎重に!
d0110562_23393435.jpg

新中の湯ルート~新中尾峠経由峠沢下山ルート
長~い下りもお疲れ様でした!
やっと登山口です。
d0110562_23404349.jpg
雨が降ったこともあり、思ったよりきつかったです、というご感想が多かったですが、全員無事到着。
d0110562_23442812.jpg
前日までの台風で水量も増し、勢いよく流れる梓川にモヤが美しかったです。


今回のお客様の中に、先週JUNがガイドさせていただいた方がいらっしゃいました。
「今RINAが海外旅行中なんです」って言っていましたよ、なんてお話をしたのですが、その方は5年前にもJUNがガイドした時、やはり私が海外旅行中だったそうです。
5年ぶりにJUNを置いて海外旅行に行ったのですが、偶然2度もそのタイミングでいらっしゃるなんて、私、しょっちゅう旦那を置いていっているわけではないのですが~(笑)!

ギリギリの嫁でした!

RINA


by snowspyder30 | 2015-07-19 22:29 | 山のお仕事

避暑には山が良い

イタリアのシチリアへバカンス中のRinaとプチ別居のJunです。

別居というより留守番?

でもいいや。

どーせワタクシは忙しくてバカンスなんて行けやしないんだから。
d0110562_20230536.jpg

いつも北アルプス周辺でガイドをしている事が多いですが、後立山連峰にはあまり馴染みの無いワタクシ。

珍しく今回は白馬岳です。

しかも個人ガイドで。
d0110562_20230570.jpg

初めて大雪渓通りました。

涼しくて最高でした。
d0110562_20230640.jpg

今回のお客様はワタクシの年齢の倍近くもあるのに、雪渓の登りが速くてビックリ。

雪渓は段差があまり無いから好きなんですって。

なーるーほーどー。
d0110562_20230681.jpg

立山剱岳から白馬岳は良く見えてたからなぁ。

って、白馬岳からの立山剱岳の山容に興味がありましたが、やっぱ岩岩でカッコイイね。
d0110562_20230662.jpg

2日間概ね良いお天気に恵まれてサイコーでした。

しかも涼しくて気持ちがイイ!
d0110562_20230795.jpg

やっぱ避暑と言えば山の上だよね。

下界へ降りたくないけど、そんな訳にはいかないよね。
by snowspyder30 | 2015-07-15 20:02 | 山のお仕事

南伊~7~青の洞窟

帰国便で10時間も寝てしまったので、普段より疲れていないRINAです。

でも胃が疲れまくっています。


南イタリアも最終章となりました。

数年前にオーロラを見に行ったときも、見れるか見れないかの賭けでしたが、今回の青の洞窟も見れるか見れないかの賭けです。

カプリ島、青の洞窟。
晴れていて、強風でなければ見れるのかと思っていました。
ところが、違うのです。

洞窟の入り口はとても小さく、手漕ぎボートが1隻通行できる横幅と、ボートに寝そべって入る高さしかないのです。
だから少しでも水位が上がると中止です。
白波なんて、もっての外。

7月は確率が高い時期ですが、近年は確率が落ちているとのこと。
最近流行りの「異常気象」ってやつですかね。
冬はとても確率が低く、この時期で50%程度でしょうか?
前日も中止だったとのことです。

でも今日はラッキーデー!
船頭さん、頑張って!!
d0110562_17315003.jpg
d0110562_17331592.jpg
洞窟の入口(出口)は中央です↓
d0110562_17333119.jpg
本当にきれいでした~!
タオルミーナで見た、なんちゃって青の洞窟よりもやはりきれいです。
でも一瞬で終わっちゃいましたけど。

もうちょっと船頭さんのノリがいいと、もっと良かったんですけど。
ハズレでした。
d0110562_17373566.jpg
見た目、船頭さんよりピザ焼いている方が似合いそう。

とりあえずメインイベントが見れたので、心に余裕が出てきました。

そうそう、初めてキウイの木を見ました。
d0110562_17401562.jpg
鈴生りにできるんですね。


イタリアは革製品が有名ですが、ハンドメイドサンダルと書かれたショップを多く見かけます。

どれどれ~?
d0110562_17420651.jpg
さすが、イタリア。
このお姉ちゃん、インソール部分に長さも図らず目分量でいきなり穴を開けています!

ハンドメイド、納得。
2つとして(左右も)、同じサイズに作られたサンダルはないわけですね。
型紙がないから。

私もハンドメイド屋さんで、ハンドメイドではないサンダルを2足買いました。


さて、カプリ島も満喫したところで
今度は本土で世界遺産のアマルフィ海岸へやって来ました。
d0110562_17491370.jpg
海に白く浮かんでいるのは、やはりプライベートクルーザーです。

南イタリアはレモンが特産品!
d0110562_17500534.jpg
何にでも豪快にレモンが添えられています。
レモンのリキュールや、レモン入りオリーブオイルもあります。

それから路駐も特産品でしょう。
d0110562_17540390.jpg
道路にはびっしり、数センチ間隔で縦列駐車しています↑
(渋滞しているわけではありません)
前後のバンパーを押して(追突)、自分のスペースを確保して入れたり出したりするというのは、(特定の)ヨーロッパではあまりにも有名な話です。

実際にその現場を見ましたが、後ろには誰も停めていないのに、前の車に当て込んでいました。
やはり自分の停めるスペースを少しでも広く空けておきたいということなのでしょうか。
でも、当て込みは誰も怒りません。
お互い様ですから!
バンパーは当て込むためにあるのです!

私は白くて柔らかい物にしか当て込みませんけどね。

d0110562_18030326.jpg


そして最後の地、ナポリです。

ナポリは2回目なので、あまり期待していなかったのですが
面白いパレードに遭遇しました。
d0110562_18050382.jpg
ゲイのパレード!
d0110562_18051703.jpg
イギリスやドイツなどでは、同性愛は公式に認められていると思いますが、ここイタリアはシャイな性格ですので、公認ではありません。
それでもいろんな人種がいますので、パレードはゲイもゲイでなくても、みんなで楽しく歩いている気がします。

旅行の締めくくりがゲイの話ではアレなので、
ちょっと真面目に考古学博物館の話題に移しましょう。

先にも申し上げました通り、遺跡やら神殿やら教会などに興味が薄い私ではありますが、人並みの教養は必要だと思いますので、考古学について学びに行きました。
d0110562_18173212.jpg
でもお腹が痛いので、2階展示室には行かずに1回ベンチで休んでいました。

すると、目の前に現れた、素敵な青い肩の露出したワンピースをまとったご高齢の女性にくぎ付けになりました(右)。

ドレッシーな帽子かぶり、おしゃれなハンドバッグをかけ、白いソックスに白いスニーカー!?
d0110562_18221944.jpg
突然グループを離れ、柱に手をかけ、ストレッチを始めたのです(笑)。

なるほど~。
ストレッチするために、スニーカーを履いてきたのね。

こんなミスマッチなファッションも、外国人ならではですね!

考古学博物館(20年ぶりで覚えていない)、楽しかったです。

では最後に、ナポリの街並みと夜景です。
d0110562_18275398.jpg
d0110562_18275793.jpg

JUN君、
10日間のバカンスをありがとう!
今度は2人で海外に遊びに行こうね。

d0110562_18394342.jpg

RINA

by snowspyder30 | 2015-07-14 23:16 | 海外

シャワークライミング!

比良~鈴鹿~白山~立山~と来て今回は丹沢です。
d0110562_13055759.jpg
台風も近づいているので、今日はかなり熱くなりそう。

そんな熱い1日は清流でシャワークライミング!

今回選んだ沢はシャワークライミングで超有名な某沢。
d0110562_13062002.jpg
高さのある滝にはF1・F2・F3・・・と番号が付いてる。

遡行者が多いことからもかなり人気がある沢なのがわかります。

しかも南向きなので明るくて暖かい!
d0110562_13063527.jpg
d0110562_13064082.jpg
気持ち良い日差しの中、ガンガンシャワーを浴びて登ります!

簡単そうな小滝の登りも、水流があるとハードルも上がります。

楽勝じゃん!って思っても油断できません。
d0110562_13275905.jpg
d0110562_13281333.jpg
スキを狙ってシャワークライミングの邪魔をする卑劣な水鉄砲のスナイパー。
d0110562_13524182.jpg
オレンジのヒットマン。

先輩だろうが女性だろうが誰彼かまわず標的にするところはまさに狂犬。

顔面クリティカルヒットで水鉄砲の水飲んじゃった人もいました(笑)



水鉄砲俺もほしいなぁ。


d0110562_13073052.jpg
d0110562_13074098.jpg
人気がある沢は滝の順番待ちがあるのが残念です。

まぁ、沢登りは楽しいからしょうがないか。
d0110562_13074331.jpg
釜への飛び込みでカメラ落としちゃった!

そんな時に飛び込んでくれたのは水中眼鏡をかけたヒットマンでした。

お見事水中でカメラ確保!おみごと~!

水鉄砲だけじゃなくて水中眼鏡まで!

遊び心がイッパイなのが素晴らしい!

僕も見習います!

by snowspyder30 | 2015-07-13 20:21 | 沢登りで山登り

立山登山ガイド

ワタクシもアルプスの登山ガイドが始まりました。

今日遊びに来てくれたお客様は、梅雨の中休みに上手く当たってラッキー!
d0110562_15240101.jpg

朝の立山室堂はとても涼しく、水流のそばでは氷が張っているところもありました。
d0110562_15240201.jpg

まだ梅雨が明けていないせいもあるのでしょうか。一般の登山者はそんなに多くない感じ。

天気が良くって静かなんだからさらにラッキー003.gif
d0110562_15240233.jpg

d0110562_15240251.jpg

d0110562_15240331.jpg

今日の行程は立山連峰最高峰の大汝山まで。

大汝休憩所の管理人の原口氏にもご挨拶。

今年も良い夏にしたいですね。
d0110562_15240311.jpg

まだまだ雪が沢山ある立山。

シーズンが終わらないしぶとい滑り手が複数名いることに、なんだか嬉しくなっちゃいました。
d0110562_15240372.jpg

室堂周辺は雪渓の融けぎわにちらほらチングルマやハクサンイチゲ、イワカガミにシナノキンバイ、ヨツバシオガマが咲いてるくらい。

お花の本番はもう少し先の様です。
by snowspyder30 | 2015-07-11 15:05 | 山のお仕事


バックカントリーのプロガイドJUNRINAの活動ブログ


by snowspyder30

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

じゅんりなのホームページ

最新の記事

JUNRINAの歴史は移行し..
at 2018-11-19 18:31
紅葉の八ヶ岳
at 2018-10-14 21:11
北欧の旅~デンマーク~
at 2018-10-11 22:41
北欧の旅、フィヨルド
at 2018-10-09 21:49
北欧の旅~ノルウェー~
at 2018-10-08 17:37
北欧の旅~スウェーデン~
at 2018-10-07 22:06
西丹沢の茗渓小川谷
at 2018-10-07 20:39
北欧の旅~フィンランド~
at 2018-10-06 22:42
紅葉の巻機山 米子沢沢登り
at 2018-10-06 20:41
歴史とロマンの裏剱
at 2018-09-29 15:26
秋の苗場山
at 2018-09-26 23:49
紅葉の立山三山縦走
at 2018-09-24 21:41
たまにはJUNRINA登山ツアー
at 2018-09-23 15:03
VECTOR GLIDE 立..
at 2018-09-22 15:25
雷鳥生息地国内最北端
at 2018-09-17 21:45

記事ランキング

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

カテゴリ

全体
バックカントリー
スキー

美味しいもの
いろいろ
お勉強
シャワークライミング
お天気
ギア
海外
雷鳥荘
スタッフ募集
かぐらバックカントリー
ガイドトレーニング
トレーニング
クライミング
たてやま
山のお仕事
バックカントリーツアー
立山バックカントリー
速報
ツアー中止
下見
温泉・観光
沢登りで山登り
休日
シーカヤック
かぐらスキー場
越後湯沢
日本バックカントリースキーガイド協会
Vectorglide
アイスクライミング
予約状況
ARC'TERYX
ツアー登山ガイド
遭難救助隊
お知らせ
未分類

フォロー中のブログ

BOZEMANのブログ

タグ

(881)
(705)
(506)
(328)
(247)
(239)
(211)
(168)
(150)
(122)
(99)
(76)
(62)
(55)
(55)
(47)
(47)
(35)
(31)
(29)

検索

ブログジャンル

ウィンタースポーツ
登山

画像一覧