人気ブログランキング |

<   2015年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

塩見岳、雨の3日間。

1人で登山中、20人ぐらいの中高年パーティとすれ違った時に、「こんにちは~」と連発してくる中に「あら~、あなたの髪素敵ねぇ~」と言ってくる普通の髪形をした女性が目に焼き付いて離れないRINAです。

ただすれ違っただけなのに、目の付け所がすごいです!!


今回は塩見岳、2泊3日のツアー登山ガイド。
数日前の天気予報は裏切って、3日間雨となってしまいました。
しかも、ガスは1度も晴れず。
一瞬たりとも展望が開けなかったのも初めてです。

そんな記念すべき塩見岳。

1日目。
日本で最も高い峠「三伏峠」へ。

晴れていればこのような素敵なカラマツの樹林帯を清々しく登っていくわけですが・・・↓
d0110562_22103195.jpg
雨の為、登山道は川になっています↓
d0110562_22114669.jpg

手作り感満載の丸太の橋が随所にありますが、(↓写真は晴れた日)
d0110562_22153716.jpg
当日は橋も滝と化していました↓
d0110562_22163520.jpg

途中の沢に水場があります。
普段は写真水色の線のように細々と水が流れているため、1斗缶で受けているのですが、今回(3日目)は勢い余ってオレンジ色の線のように1斗缶を大幅にオーバーしていました。
d0110562_22211340.jpg

ここのシラビソ、ちょっと密林すぎませんか(笑)?
(写真は別の日)
d0110562_22242337.jpg

三伏峠に到着です。
d0110562_22253302.jpg

今日から三伏峠小屋に2泊。
d0110562_22472493.jpg
楽しみにしていた三伏カレーの夕食が、とても美味しい!
カレーライスの日は、そんなに頻度は高くないそうですのでラッキー♪
d0110562_22293094.jpg
2日目。
山頂アタックです。
出発からレインウェアを着ていきます。
ちなみに私はNORRONA(ゴアテックス)のニューウェアだったので、ビタいちも濡れず超快適でした!

山頂往復の間、ずーっと雲の中で景色を見ることがなかったので、見れなかったお客様へ晴れた日の2枚の写真を載せておきます。
d0110562_22434481.jpg
↑三伏山からの塩見岳。

↓塩見小屋からの塩見岳。
d0110562_22441968.jpg

実際はこんなガスでしたね。
d0110562_22460895.jpg
後ろの方の方は見えていません。。。

10時間行動、お疲れ様でした。
小屋に戻って16:30から!夕食タイムです。
昨日とは全く別メニュー。
d0110562_22493371.jpg
私のはハズレだったみたいで、皆さんのはプチトマトとパイナップルも乗っていました。
マカロニサラダやスパゲティも手作りっぽいし、温かい揚げ物やうどんも美味しい!

17時前には夕食も食べ終わり、まだ夕方ですが疲れていらっしゃるんですね。
18時ごろには静かになり、19:30という早い消灯より前の18時半頃には皆さんお行儀よくグッタリしていました(笑)。
d0110562_22534012.jpg
この色とりどりの毛布↑
実は1人4枚も毛布の割り当てがあるのです!!
d0110562_22550225.jpg
使い方はそれぞれ!

三伏峠小屋、侮れません!!!

3日目。
やはり雨。
しかも土砂降りから始まりました。
d0110562_22572807.jpg
下山するだけですが、この丸太がとてもエキサイティングで仕方がありません。

林道終点登山口に到着。
びっしょりの中、お疲れ様でした。
d0110562_23004099.jpg

小渋温泉赤石荘へ送迎してもらうバスの中、みんなの湿気でフロントガラスが曇る曇る!
そこへ添乗員がスタンバって、2~3分に1回ガラスを拭き拭き。
d0110562_23035318.jpg
小さな(いや、大きな)気遣い、ご苦労様です。

3日間の雨を流した温泉は、本当に気持ちよかった~!
d0110562_23063476.jpg
連続の雨の中でも、幸いアタック日の風が穏やかで小雨だったことを味方につけ、登頂できたことに感謝ですね。

本当にありがとうございました。


おまけ。
「JUN君にお土産~!」
と、お客様がくれた化け物キノコ!!
d0110562_23095172.jpg
なんか、触っただけで痒くなりそう!笑

RINA

by snowspyder30 | 2015-08-30 21:31 | 山のお仕事

新表銀座縦走2泊3日

東京のスーパーマーケットで3歳ぐらいの女の子が私を指さして「さっきの人だ―」と親に言っているのを見て、私の何がおかしいのか???ちょっと考えてしまったRINAです。

あれは、イジメですね。

どうせ、私の頭が爆発していたことなのでしょうけど(笑)。


昨年は、悪天候の為途中下山しなければならなかったこの新表銀座コース。

今年も雨→風雨→暴風雨から始まりましたが、最後には展望が開けて嬉しさ倍増となりました!

1日目。
中房温泉から燕岳を経由して大天荘(大天井岳)までの長い道のり。
関西方面より夜行バスでいらしてる皆さんにとっては、かなり辛い行程です。
北アルプス3大急登の合戦尾根から稜線に出れば、そこはすごい風とガス。
d0110562_18594532.jpg
ちょっとお下品ですが、この↑写真の尖った石が乗っている部分が、私には乳首に見えて仕方ありません。

そんな事でも想像しながら楽しくいかないと、気が滅入ってしまいます。
体もかなり冷えてきます。

でも意外と皆さんの楽しそうな笑顔に救われました!
d0110562_19025606.jpg
風は強いですが、雨は降ったり止んだり。

今日の核心の鎖場梯子を抜ければ、最後の登り。
d0110562_19052843.jpg

大天荘のいつも気持ちの良いサービスと温かい夕食で癒されますね。
d0110562_19064201.jpg

夜8時になると、ランプカフェが始まります。
d0110562_19154391.jpg
とってもムーディーで、お客様と楽しみました!


2日目。
見れるはずもないご来光の予定は、やはり見えず。
それでもとりあえず、午後から回復傾向に向かう天気に期待して、遅めの出発で意気揚々と?出発します。
d0110562_19085049.jpg
ガスと横殴りの暴風雨。
明らかに、昨日よりひどいです。
時折吹く突風にヨタヨタするほど。
雷がないだけまだマシです!

d0110562_19101226.jpg

でも昼過ぎになると、たま~に視界が開けてはすぐに消えるように。
d0110562_19111382.jpg
d0110562_19115009.jpg
急な樹林帯を登っていくと・・・

久しぶりの太陽が!
d0110562_19123496.jpg
もう夕方近くですが、やっと風も収まりました。
今度こそ、意気揚々と♪
d0110562_19133635.jpg
本日の宿泊所蝶が岳ヒュッテに到着した時には、感動的な槍ヶ岳が見えるという演出まで用意されていました~!
d0110562_19145949.jpg

太陽が沈んだ後の雲海も感動的。
d0110562_19163264.jpg

3日目。
今日は上高地へ下山です。
朝からテンション高めですよ~!
d0110562_19182680.jpg

妖精の池もきれいに映っていました。
d0110562_19190928.jpg

徳沢へ到着、お疲れ様でーす!
d0110562_19232176.jpg

お決まりの徳沢園のソフトクリームは、男性だっていただきますよ!
d0110562_19252878.jpg
何だか微笑ましい光景です♪

私達のツアーは、明神館でイワナ定食をいただきます。
d0110562_19265664.jpg

そして、この後上高地までダーーーーーッシュ!
d0110562_19274470.jpg
五千尺ホテルのケーキセット1400円也。
ケーキという目標があると、足早に行けるんです。
生ビールジョッキ3杯飲んだお客様も一緒にいただきました。
ビールの後のダッシュでケーキセットのお父さんはすごい!!!
あっ、これはもちろんオプションで、ツアーには含まれません。


こうして上高地を思い思いに堪能したことでしょう。
d0110562_19354772.jpg
風雨から始まった、新表銀座縦走。
昨年のリベンジでいらしたお客様も今回実現できて、本当に良かった!
お疲れ様でした。


おまけ。
先日JUNのガイドでも山を登られたというお客様より、関西名物「ひやしあめ」の団子ゼリーというのをいただきました!
d0110562_19390733.jpg
私は初めてひやしあめというのを聞くのですが、西ではドリンクなんだそうですね。
西のことは、本当に日本じゃないみたいに、初めてお目にかかるものが多いので興味深いです!
ありがとうございました。


それから夏のシーズン中に、私のガイド中だけでも1~2人ぐらいは毎年登山靴のソールが剥げるというアクシデントがあります。
d0110562_19484007.jpg
私自身応急処置の方法も学びつつ、お客様ご自身でも必ず出発前にギアのチェック、そして帰宅後のメンテナンスをお願いいたします!
安全登山への1歩ですね。

by snowspyder30 | 2015-08-23 23:11 | 山のお仕事

中央アルプス縦走

今回は北アルプスから少し離れて、中央アルプスの木曽駒ヶ岳〜宝剣岳〜空木岳縦走です。
d0110562_16285291.jpg

木曽駒ヶ岳はロープウェイでビューんと標高を稼げるので楽チンですね。

駒ヶ岳神社からレッツゴー!
d0110562_16285327.jpg

2泊3日の行程なんだけど、1〜2日目はガスガスの強風。

ヨレヨレになりながらも頑張って木曽駒ヶ岳登頂。

ロープウェイからアクセス楽チンだからってバカにできないよ。

木曽駒ヶ岳の広い稜線は障害物が少ないだけに風がビュービューで大変だったんだから。
d0110562_16285364.jpg

d0110562_16285338.jpg

2日目は宝剣岳を越えて木曽殿山荘へ縦走の予定なんだけど、天気が悪いんで宝剣岳はパス。

千畳敷経由で迂回しました。

しょうがないよね。

宝剣岳に行きたかったお客様ゴメンね。
d0110562_08145590.jpg

d0110562_08145515.jpg

d0110562_08145692.jpg

d0110562_08145625.jpg

風に流された2日間でしたが、3日目は天気が回復してくれてお客様も大喜び。

終わりよければ全て良しだよね。


ちなみに、写真ではヘルメットかぶってますが、空木岳ではヘルメットの着用がルール付けられているわけではありません。

by snowspyder30 | 2015-08-23 16:15 | 山のお仕事

81歳の氷河公園と槍+3峰

夏山登山の繁忙期後半戦を爆走中のJunです。

先日のツアー登山の雲ノ平ガイドに続き、今度はいつもの81歳のお姉さま。

3000m峰制覇まであと・・・8つだったっけ?
d0110562_13332929.jpg

d0110562_13333073.jpg

4日間の計画ですが、初日は雨。

お姉さまは天気が悪いと機嫌も悪くなる様で、困ったものでしたが・・・
d0110562_13333043.jpg

d0110562_13333023.jpg

d0110562_13333049.jpg

2日目は雲が多いながらも比較的穏やか。

天狗池の逆さ槍が見れなくて残念。
d0110562_13333134.jpg

d0110562_13333189.jpg

d0110562_13333159.jpg

核心の槍+3峰は穏やかな高曇りの空。

暑くもなく寒くもなく気持ちの良い尾根歩きでした。
d0110562_13333259.jpg

もう15回〜20回くらいは来た槍ヶ岳。

日本のマッターホルン。

何度来ても良い気分になれます。

お姉さまも残すところあと4峰ですね。

難所が残ってるので良い日にアタックしたいね。

by snowspyder30 | 2015-08-19 20:31 | 山のお仕事

雲ノ平は雲の中

ツアー登山のお仕事で新穂高温泉から雲ノ平経由折立へ。

毎年このツアー登山のガイドをさせていただいてます。

ありがとうございます。
d0110562_13390134.jpg

d0110562_13390168.jpg

ゴールデンウィークにスキーツアーガイドで通ったルートの逆ガイド。

雲ノ平周辺はスキー名山もたくさんありますね。


黒部源流や雲ノ平では残念ながらガスと雨。

良いお天気に恵まれなくて残念。
d0110562_13390255.jpg

d0110562_13390253.jpg

先日の赤木沢ガイドで来た薬師沢小屋。

天然クーラーは寒すぎました。

黒部源流の水温は低いからねぇ。


薬師沢小屋のチマキのランチはウマかった。

ごちそうさま。
d0110562_13390304.jpg

終わり良ければ全て良し?

下山日は晴れてくれました。
d0110562_13390347.jpg

小さい秋がアッチコッチに見えました。

下界はまだまだ暑いでしょうが、山では確実に秋が近づいてますね。
d0110562_13390370.jpg

いつもの5代目アラレちゃん。お客さんたちに大ウケでした。

喜んでいただいて僕も嬉しいです。

4日間の長い山旅、皆さんお疲れ様でした。
d0110562_13390455.jpg

このルートのお仕事の欠点は、新穂高温泉に置いてある車の回収に時間がかかっちゃうことかな。

by snowspyder30 | 2015-08-15 13:11 | 山のお仕事

ビジュアル系ロックバンドの誕生から老いるまで

睡眠病により、5日間コーヒーもスイーツも食べなかったRINAです。

コーヒーとスイーツなしの人生なんてあり得ない、
と思っていたのに、
この先ずっと食べたくなかったらどうにかなっちゃうのではないかと心配していましたが、
お陰様で思いっきり食べたくなりました!


復活したことろで、今日は私がいつも感じている「ビジュアル系ロックバンド」のお話です。

高山植物で1番ポピュラーといってもおかしくない花「チングルマ」。
私が全く興味を示さなかった花の中でも、最初に覚えた名前です。

そんなチングルマの姿の変わりようと言ったら、他に類を見ないほどの芸術ではないでしょうか。
チングルマがヤンキーになっていく姿を、いつもビジュアル系だな~と思って見ているんです。

チングルマの誕生(つぼみ)
d0110562_15324943.jpg
まだ赤ちゃんのようなツルっとしたお肌のようです。
d0110562_15330749.jpg

学生に成長しました。
d0110562_15360255.jpg

成人です。
立派に育ちました。
d0110562_15364067.jpg

人生に疲れ気味。
d0110562_15382273.jpg

でも子孫はしっかり残さないと!
d0110562_15393009.jpg

ってことで、頑張ってます。

老いると子供に戻るといいますが、これを見るとキューピーさんを思い出すのは私だけですか?
d0110562_15395891.jpg

だいぶ成熟しましたが、整髪料バリバリつけまくりで、私には一時流行ったビジュアル系ロックバンドにしか見えません。
d0110562_15411764.jpg

フサフサした髪の毛は、静電気が起きています。
d0110562_15414554.jpg

こちらは長髪の長老。  
d0110562_15425463.jpg

こちらは髪も薄くなってきました。
d0110562_15435689.jpg

そして朽ち果てていくのです。
d0110562_15441662.jpg

また来年~!

RINA


by snowspyder30 | 2015-08-11 15:51 |

大展望の甲斐駒ケ岳でした

ツアー登山のお仕事で甲斐駒ケ岳です。

ここじゃぁ東駒ケ岳って呼べ〜!て地元のオヤジに言われたりもしましたが。

そう。木曽駒ケ岳の西駒ケ岳に対して、甲斐駒ケ岳は山麓の人たちは東駒ケ岳ってよんでる様です。

でも林道バスの運転手は甲斐駒ケ岳って言ってましたけどー。

d0110562_13542110.jpg

d0110562_13542170.jpg

今日も早朝出発です。

今年は連日良いお天気が続いてますね。

今日も暑くなりそう。

雲の湧いてこない早い時間の登頂は一番気持ちが良いですよね。
d0110562_13542237.jpg

d0110562_13542206.jpg

d0110562_13542212.jpg

d0110562_13542379.jpg

09:00ごろ登頂です。

今日はあまり雲も湧いてないおかげで、1等三角点甲斐駒ケ岳の大展望が楽しめました。

ヤッパ1等三角点は伊達じゃない。
d0110562_13542340.jpg

白い花崗岩に青い空と大展望。

気持ち良すぎる甲斐駒ケ岳でした。
by snowspyder30 | 2015-08-10 13:07 | 山のお仕事

名峰TSURUGI-DAKE

原因不明の睡眠病にかかり、1日20時間睡眠×3日半続けたRINAです。

もしかしたら成長期なのかもしれません。

やっと今は落ち着きました。


今回のお仕事は、良いお天気が続く中での最高の剱岳です。

立山ガイド協会に所属される大先輩池田ガイドから、サブガイドの依頼をいただきました。
まあ、きっと他に空いているガイドがいなかったのでしょう(笑)。
私自身、とても有意義な勉強をさせていただきました。

普段は関西方面からのお客様をガイドすることが多いのですが、今日は珍しく関東圏からのお客様です。
やはり雰囲気はちょっと違います。
西日本も東日本も、個性があって面白いです!

土曜日の夕方の剣沢。
テントも賑わいを見せています。
d0110562_10593154.jpg
この登山者がみんな一斉に翌日に剱岳を目指すと思うと・・・・(^-^;
と、お互いに考えていることは同じでしょう。

剣沢小屋に前泊し、夜明け前に出発です。
d0110562_11022368.jpg

筋状の光がとても綺麗!
d0110562_11025761.jpg

そして、五竜岳の隣からご来光。
d0110562_11055310.jpg
d0110562_11070233.jpg

登りの核心、カニノタテバイでは60人待ち!
d0110562_11090107.jpg
落石が多いので、安全地帯で待ちましょう。

みなさんグングン登っていきます。

午前9時過ぎ、登頂おめでとうございます!
d0110562_11101918.jpg
頂上はごった返していますが、とにかく気持ちがいいです~。
池田ガイドがミルクティーを振舞って下さいました。
(ナイスサービスですね。メモしておきます。)
山で飲むと、なんでこんなに美味しいのでしょう。

槍ヶ岳の手前稜線が立山の主峰。
d0110562_11184763.jpg

それではドキドキの下山が始まります。
カニノヨコバイというアトラクション、待ち時間数十分。
d0110562_11230910.jpg
池田ガイドは山岳カメラマンでもあります。
カニノヨコバイでは、旅の想い出にお一人ずつ撮影。
d0110562_11242268.jpg
これはいい記念ですね!!
池田カメラマンの立山連邦周辺のカレンダーも販売していますので、こちらもよろしくお願いします(営業スマイル)。
ちなみにJUNRINAも購入しています!!

核心部が過ぎても、次から次へと核心はやってきます。
いつまでも気が抜けない剱岳。

コマクサも必死です。
d0110562_11292304.jpg
昔、剣岳には自生しないと思われていたコマクサですが、
誰かが持ってきちゃったのかな?
30年ほど前に発売されている立山の花の本には掲載されています。
謎多き花です。

そして~、全員無事下山!
d0110562_11334163.jpg
お疲れ様でした!

この後、熱過ぎるカレーライスとギンギンに冷えたお茶を、剣沢小屋でいただきました。
昨夜のエビフライといいカレーといい、下界のレストランより熱アツが出てくるという剣沢小屋のホスピタリティには参りました。
お陰で舌を火傷しましたけど。
本当に素敵な山小屋です。
大変お世話になりました。


ここからはちょっと余談です。
「体が弱いから」(笑)と口癖の池田ガイドの、体を丈夫にする
「スタミナドリンク」ケースごと。
d0110562_11401527.jpg

顔パーツの境目がわかりにくいですが、池田ガイド(中央)、本当にありがとうございました。
d0110562_11415885.jpg

山小屋でご一緒させていたきました、本郷ガイド(右)、そして多賀谷ガイド、大先輩に囲まれて、とても有意義な時間でした!

今回はサブでしたので、目立たないように地味~な色の服にしておきました(笑)。

RINA

by snowspyder30 | 2015-08-09 23:03 | 山のお仕事

81歳の白峰三山4日間の旅

下界は猛暑が続いてる様ですね。

でも仕方ないんですよ。

夏は暑いんですから。
d0110562_11005487.jpg

81歳のお姉さま。

先週の穂高縦走に続いて白峰三山縦走です。

流石に5週間連続で山登りとなると、結構ガタガタきているそうです。

常にヤル気全開のお姉さまですが、今回もノンビリ行ってきました。

あんまり頑張りすぎて、血圧上がって困ったことになっちゃいけませんから。

早朝出発お昼到着。

午後は山小屋でノンビリやってます。
d0110562_11005539.jpg

d0110562_11005521.jpg

今週もお天気が良くってラッキー!

下界はドロドロになりそうなくらいの暑さとかって聞いてますが、3000m峰周辺は良いお天気のおかげで最高の山歩きが楽しめています。

涼しい〜🎐
d0110562_11005585.jpg

d0110562_11005526.jpg

d0110562_11005654.jpg

d0110562_11005611.jpg

白峰三山。

北岳〜間ノ岳〜農鳥岳。

60年前にお父様と一緒にここに来てるそうで。

この縦走路で一番古い小屋が北岳の肩の小屋で、55年前に建ったのだそう。

まだ山小屋さえ無い時代にこれを縦走してるって凄すぎです。
d0110562_11005629.jpg

個人的にもお姉さま的にも、この旅の核心はこの先にありました。

仕事とはいえ、これを4度も来てる私も結構渋い。
d0110562_11005779.jpg

d0110562_11005741.jpg

南アルプスの縦走って痩せれますよね。

奈良田に下山後はガッツリ食べました。

奈良田温泉の標高830m。

深い谷にあるこの集落は、標高のわりに良い風が吹いて気持ちが良い。

大門沢を下った後のここは本当にパラダイス。

掛け流しの温泉に入浴後、気持ちの良い風と雰囲気の中で広河原行きのバスを待ってます。

by snowspyder30 | 2015-08-07 10:26 | 山のお仕事

人・人・ひと!雄山

6月が期限であったギリシャの経済危機で、イタリア人に意見を聞くと「あれはドイツが悪い」と言ったのが、ラテン的発想?だなぁと妙に納得してしまったRINAです。

私はドイツが悪いとは思っていません。
ただそのイタリア人の意見が面白かっただけです。


前回までJUNが立山雄山・大汝ツアー登山ガイドをしていましたが、
今週は私が担当です。

やっぱり立山は涼しくて気持ちがいい~!

でもこの人の熱気には唖然とします(笑)。
あっ、もちろん関西からいらしてくださっている自分のお客様は別ですよ。
d0110562_18251957.jpg
まだ雪渓が数か所ありますが、涼しげです。

小学生登山も頑張っている!
d0110562_18262877.jpg

この行列はお見事。
d0110562_18270207.jpg

もちろん雄山神社も大渋滞。
d0110562_18273572.jpg

でも天気が良いからみんな気分が良い!

最高峰大汝山3015mにある大汝休憩所は、雷鳥荘の経営ですが、
ここのお手洗いはいつも清潔で無臭です。
お客様から「100円払う価値があるわね~」
なんていう声が聞こえてきました。
そうなんです。
いつもきれいにしてくれている小屋番がいるのです。
みなさんも、ぜひ立ち寄ってください!

せっかく登ってきた3000m峰も、あっという間に下山しなければなりません。
d0110562_18330165.jpg
今日は剱岳でも、ここ三の越でも、けが人の救助ヘリが忙しそうでした。
三の越では落石による負傷のようです。
大勢の登山客で、リスクも高まっているでしょう。
落石を起こさない歩き方も、また重要になってきますね。

唯一、人の少ない景色でした↓
d0110562_18355171.jpg
雲がすごい!

d0110562_18362294.jpg
今日も怪我人なく、無事下山できたことに感謝です!

「大阪帰りたくないわ~!」
暑さに耐えて、頑張ってください。

皆様、お疲れ様でした。


おまけ。
最近入った、道の駅のトイレ↓
d0110562_18421097.jpg
いくら水があるからって、こんなところじゃなくても・・・・。


そして、私が家に帰るときにいつも目に入る交差点の、おもしろい看板↓
d0110562_18432837.jpg
毎朝6:01より営業しております。

RINA






by snowspyder30 | 2015-08-02 23:06 | 山のお仕事


バックカントリーのプロガイドJUNRINAの活動ブログ


by snowspyder30

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

じゅんりなのホームページ

最新の記事

JUNRINAの歴史は移行し..
at 2018-11-19 18:31
紅葉の八ヶ岳
at 2018-10-14 21:11
北欧の旅~デンマーク~
at 2018-10-11 22:41
北欧の旅、フィヨルド
at 2018-10-09 21:49
北欧の旅~ノルウェー~
at 2018-10-08 17:37
北欧の旅~スウェーデン~
at 2018-10-07 22:06
西丹沢の茗渓小川谷
at 2018-10-07 20:39
北欧の旅~フィンランド~
at 2018-10-06 22:42
紅葉の巻機山 米子沢沢登り
at 2018-10-06 20:41
歴史とロマンの裏剱
at 2018-09-29 15:26
秋の苗場山
at 2018-09-26 23:49
紅葉の立山三山縦走
at 2018-09-24 21:41
たまにはJUNRINA登山ツアー
at 2018-09-23 15:03
VECTOR GLIDE 立..
at 2018-09-22 15:25
雷鳥生息地国内最北端
at 2018-09-17 21:45

記事ランキング

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

カテゴリ

全体
バックカントリー
スキー

美味しいもの
いろいろ
お勉強
シャワークライミング
お天気
ギア
海外
雷鳥荘
スタッフ募集
かぐらバックカントリー
ガイドトレーニング
トレーニング
クライミング
たてやま
山のお仕事
バックカントリーツアー
立山バックカントリー
速報
ツアー中止
下見
温泉・観光
沢登りで山登り
休日
シーカヤック
かぐらスキー場
越後湯沢
日本バックカントリースキーガイド協会
Vectorglide
アイスクライミング
予約状況
ARC'TERYX
ツアー登山ガイド
遭難救助隊
お知らせ
未分類

フォロー中のブログ

BOZEMANのブログ

タグ

(881)
(705)
(506)
(328)
(247)
(239)
(211)
(168)
(150)
(122)
(99)
(76)
(62)
(55)
(55)
(47)
(47)
(35)
(31)
(29)

検索

ブログジャンル

ウィンタースポーツ
登山

画像一覧