じゅんりなブログ

ブログトップ | ログイン

<   2018年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

シャワークライム小川谷

シャワークライム小川谷

観測史上最速の梅雨明けらしい。

ずぶ濡れになっちゃう小川谷。

やっぱ暑い日は水を楽しむアクティビティが楽しいね。
d0110562_19325847.jpg
d0110562_19371641.jpg

d0110562_19372864.jpg

d0110562_19374348.jpg

d0110562_19375417.jpg

d0110562_19380634.jpg
d0110562_08063556.jpg

d0110562_08064157.jpg

d0110562_08064692.jpg

d0110562_08064940.jpg

d0110562_08070178.jpg
木漏れ日が白い花崗岩のゴルジュに差し込んで、暖かく気持ちがいい。

アクティブに遊んでいつも以上にずぶ濡れな小川谷でした。

by snowspyder30 | 2018-06-30 19:31 | シャワークライミング

RinaとPPと小川谷

RinaとPPと小川谷
d0110562_20233404.jpg

d0110562_20234957.jpg
ずぶ濡れになっちゃう小川谷。

PP体脂肪少なすぎて寒かったらしい。

そんな時も軽量なゴアテックスジャケットがあると超便利。

今日はアークテリクス アルファFLジャケットが大活躍でした。

沢や滝の水の勢いで風が起こるので、寒く感じた時は薄手のハードシェル一枚着ただけで超快適。

しかも、ゴアテックスなんで、体温で濡れた衣類が乾き、その湿気は外に放出してくれる。

沢登りでもガンガン使います!
d0110562_20240088.jpg

d0110562_20241128.jpg

by snowspyder30 | 2018-06-29 20:20 | シャワークライミング

グリーンな苗場山ガイド!

複雑な髪の毛の迷路を通り抜けて勝利を得たブヨに、頭皮を刺されてしまったRINAです。

帽子も被っていましたが、その脇を通り過ぎて。
私の頭は、一旦入ったら脱出は困難極まりないでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

厳冬期の大多数を過ごしている苗場山周辺。
実は今回が初めてのグリーンシーズンの苗場山ガイドでした。
いつもじゅんりなブログを見てくださっている方の中にも、夏の苗場山を知らない人が多いと思いますので、ぜひチェックして下さい。

いつも見ている台形の苗場山。
d0110562_12475660.jpg

今日は反対側の長野県栄村から登って、かぐらスキー場に下山する縦走ルートです。

木の根っこが今にも動き出して掴まれそうな!
d0110562_12550287.jpg
ジブリの映画なら、この根っこにクルクル巻かれて山頂に届けてくれそうなんだけれどな〜!
d0110562_12560506.jpg

お久しぶり!キヌガサソウ。
d0110562_12573535.jpg

急登が終われば山頂周囲700ヘクタールには湿原が広がり、1000以上もの池塘が点在します。
d0110562_13010529.jpg

d0110562_13011041.jpg

背後には鳥甲山。
d0110562_13015417.jpg

今年は雪解けは早いものの、まだ雪渓もあります。
d0110562_13023702.jpg

山頂だけは木に囲まれて展望はありません。
d0110562_13041351.jpg

添乗員さんがいつもお決まりのポーズで記念撮影しているそうで、体の硬い私は精一杯の角度で脚をあげてみました(⌒-⌒; )
d0110562_13131013.jpg

綺麗に管理されたステージでおにぎり弁当を食べて
d0110562_13081067.jpg

新潟県側に下山します。
いつも冬にスキーで来ている通称三角(大日陰山)や霧の塔が、中央左に見えています。
d0110562_13100242.jpg

ここも気持ちよく滑ったな〜などと思い出しながら。
d0110562_13174538.jpg

昭和5年、初めてスキーで苗場山に登頂したという2人の顕彰碑もあります。
d0110562_13191308.jpg

今回学んだベニサラサドウダン。
d0110562_13200904.jpg
スパイシーな名前だなと思っていたところ、「サルサ」ではなく「サラサ」でしたね(⌒-⌒; )

長〜い下りでしたが、無事かぐらスキー場へ下山しました。写真がかぐらのメインコースです。
d0110562_13214150.jpg

さて、夜は湯沢グランドホテルに1泊。
地元のホテルに泊まるなんて滅多にない事なので嬉しい!
d0110562_13244439.jpg

夕食は宴会場で、御膳で頂くのは雰囲気ありますね。
d0110562_13254401.jpg

小中規模の団体さんで埋まっていて、湯沢ってこんなに賑わっているんだってビックリ!

帰りの見送りも旗を掲げて、すごいゴージャスでした。
d0110562_13281269.jpg

苗場山と越後湯沢を大満喫。
とても新鮮な旅でした。
皆様お疲れ様でした!

RINA

by snowspyder30 | 2018-06-25 12:34 | 山のお仕事

カスタムフェア2019仙台です

カスタムフェア2019仙台です。

僕は仙台会場には来ない予定でしたが、手伝いに来ちゃった。
ここ何年か、東北方面の滑り手に出会う機会が比較的多く、ヴェクターグライドファンのお客様ともお知り合いになりたかったんです。
d0110562_17200205.jpg

d0110562_17201107.jpg
ヴェクターグライドブースに遊びに来てくださった皆さん。ありがとうございました。

ご購入に至ったお客様、ありがとうございました。

仙台会場で感じたのは、ガイドも一般の滑り手もテレマークスキーヤーが比較的多いってこと。
ヴェクターグライドでは、プロテレマークスキーヤーのヒデさんが大活躍でした。


実は、僕も皆さんと同じ様にまだ来季のスキー悩んでるんです。
d0110562_16431708.jpg
コルドバスーパーライト。

来シーズンの僕はコレかなー。
4-5月のスプリングシーズンは超良い仕事してくれるでしょ。立山や鳥海山の大斜面をコイツで楽しみたい!

剱岳で佐々木大輔さんがこのスキーで滑ってるの見ちゃったんですよー。
d0110562_16432918.jpg
コレ履いたら少しは佐々木大輔さんみたいに凄い滑りができるかも!(気分だけでも)
d0110562_16434577.jpg
アヴェントゥーラ スーパーライトも良いんだよなー。
d0110562_16435726.jpg
JUNRINAが活動するフィールドでは、標高1000m程度登る谷川連峰や苗場山、魚沼BCの山、では軽さとアドベンチャーなシチュエーションの強さを兼ねたスキーが欲しい。

そんな時アヴェントゥーラのカーボンモデルって使いたいよねー。
d0110562_16441059.jpg
ニューモデルのポラーヴ。

メタルとカーボンを使用した新しいタイプのスキー。キツ過ぎないロッカーとキツ過ぎないキャンバー。
グリップしやすくターンも軽快。上手な滑り手からこれから上達していきたい滑り手まで、幅広い層の滑り手が楽しめる(と思う)。
d0110562_17113963.jpg
センター幅107mmってのが使い勝手良いのよね。パウダーでも圧雪でも楽しみやすいし。

JUNRINAでは来シーズン試乗機を用意する予定です。

あー、楽しい機種ばかりで自分のスキーを何にするか絞り込めない。
d0110562_17290664.jpg

d0110562_17291541.jpg

d0110562_17292626.jpg

d0110562_17293633.jpg
仙台ナイトご一緒した皆さん。ありがとうございました。

失礼ながら、仙台って大都会でびっくりしました。ごめんなさい。

by snowspyder30 | 2018-06-23 20:40 | Vectorglide

苗場山縦走

苗場山縦走。

里奈が苗場山のガイド仕事があるからって、下見で苗場山縦走。

グリーンシーズンの苗場山は初めてだ。
d0110562_08222288.jpg
今年は雪解けが激しかったが、積雪期は山頂の道標が埋まっていたことを考えると苗場山山域の雪の多さを改めて感じた。
d0110562_08224145.jpg
朝イチでかぐらスキー場側に車をデポし、登り口は小赤沢登山口から。
d0110562_08225253.jpg
信州側はシラネアオイやサンカヨウが見頃の様でした。

キツイ山頂台地直下の急斜面。積雪期の滑走や登りを思い出しながら、広い台地へ飛び出す。

木道脇にはチングルマやイワイチョウが咲き始め。

4月にバックカントリースキーガイドでここに来た。
6月の今は雪解けが進み、
お盆が過ぎると紅葉が始まるんだなぁと、山の季節の移り変わりの速さを感じる。
d0110562_16195527.jpg

d0110562_08231285.jpg
苗場山よりかぐらスキー場へ下る。

道中、訓練登山中の南魚沼消防隊員達と出会う。

冬の救助訓練やトレーニングで消防隊員とご一緒する事が度々あるが、夏も定期的に公私にわたりトレーニングをしている。

当たり前ですが、日頃からのトレーニングがいざという時に役立つんですよね。
d0110562_16303525.jpg
苗場山スキー登山初登頂の顕彰碑。

昭和5年だそうです。

まだスキー場無いからなー。
メチャクチャ遠い。
d0110562_16304535.jpg
下山して和田小屋でガリガリ君。

下山後の炭酸飲料と氷り菓子はたまらなく美味しい!
下山地点でアイスやジュース売ってるとみんな買っちゃうよね。

次は沢登りで苗場山かな。
赤湯からの沢が楽しいらしいからな。

by snowspyder30 | 2018-06-19 21:19 | 下見

ICIカスタムフェア有明ご報告(RINA)

車でバックする時、運転席の窓が閉まったままよくオデコをぶつけてしまうRINAです。

窓がそう簡単に割れなくて良かった!

-----------------------------------------------

JUNからのブログにもありますように、石井スポーツのビッグイベントである冬の為の予約販売会が4日間、有明で行われました。

まずは会場の飾りつけから・・・
d0110562_23535539.jpg
初日は平日夕方のみでしたが、お仕事さぼってのご来場、誠にありがとうございます!
仕事は毎日ありますが、カスタムフェア東京有明会場はたった4日間しかありませんからね。
どちらが大事かと言えば、自ずとわかりますよね(笑)。

中にはこの日の為に福岡県から1泊で見えたご夫婦や、じっくり2日間見るために静岡県から泊りで見えている方も!
そういう方は気合の入れ方が違います。
成約率も120%(衝動買い含む)。
d0110562_23545547.jpg
d0110562_07503475.jpg

アークテリクスもヴェクターグライドも、お陰様で大盛況となりました。
特に私がお手伝いさせていただいたアークテリクスでは、昨年初めての出店であり、今回は初めてW'sの取り扱いとなりました。
手が空いたらヴェクターグライドの販売促進もしよう!と思っていたのに、ぜんぜん手が空きませんでした。
そして声をかけてくださった皆さん、ありがとうございました。
しかしワサワサしていてあまりゆっくりお話できず、また声掛けを諦めてしまった方々、申し訳ありません。

1日11時間近く立ちっぱなしだと、さすがに登山より疲れてくるのですが、今年はARC'TERYXのシューズのお陰で足が棒にならずにすみました!
アプローチシューズのARAKYS(アラキス)です。
d0110562_00150078.jpg
右はM'sで左はW's
カラーはそれぞれ3色選べます。
先日沢登りからの急な下山道では、ズルズル滑るゲストを横目に、私は素晴らしいビブラムソールのグリップのお陰で楽ちん♪
d0110562_00182360.jpg
足首はないので長距離の登山には向きませんが、ライトなハイキングや短時間のアプローチにピッタリです。
そして街用としてもお洒落。
アークテリクスの社員は、ほぼ全員履いているようです。
私も2足使いまわしています!
1足は東京用、もう1足はそれ以外。。。
靴ばかり貯めてもアレですけどね。

最後に、カスタムフェアでのアークテリクスブースはこれにて終了です。
7月の東京五反田会場でも出店はありませんので悪しからず。
たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。
今年の反省点は、また来年に生かしてまいります。

JUNは新潟三条会場・大阪会場・東京五反田でもVECTOR GLIDEで一生懸命頑張っておりますので、お近くの方はぜひお立ち寄りください!
お洒落なSWANYグローブや、話題のクライミングスキンCONTOURも手に取ってみて下さい。

あなたの素晴らしい相棒が見つかりますように!

RINA

by snowspyder30 | 2018-06-17 23:41 | ARC'TERYX

石井スポーツカスタムフェア2019有明でした

石井スポーツカスタムフェア2019有明でした。

スキー ニューモデルの予約販売会。

JUNRINAもJunはVECTOR GLIDE 、RinaはARC’TERYX でご案内させていただきました。

d0110562_07431914.jpg
今年も沢山のお客様にお越しいただき、自分達が愛用しているブランド、商品の説明をさせていただきました。
d0110562_07490873.jpg
今年の有明は、ヴェクターグライド プロデューサー秋庭さんに、ニューモデル ポラーヴを開発した河野健児さん、新しくヴェクターグライドチームに加わったトリノオリンピック アルペン日本代表の星瑞枝さんとTeam Mizue松新さん、石井スポーツで一番ヴェクターグライドを愛する藤野さんと、過去に無い豪華メンバーでのご案内でした。
d0110562_07490973.jpg

d0110562_07491165.jpg
2019シーズンよりヴェクターグライドで取り扱いを始めるグローブブランド スワニーも大人気でした。アメリカでシェアナンバー1グローブメーカーのスワニー。

JUNRINAも2019シーズンよりスワニーを使用します。
d0110562_07491213.jpg
d0110562_07491428.jpg
d0110562_09510985.jpg
アワード会場ではVECTOR GLIDE ニューモデル ポラーヴと大人気のクライミングスキン Contourが展示されてました。
d0110562_07503719.jpg
スバル×ヴェクターグライドのコルドバも注目されてましたね。

今年も沢山のお客様がVECTOR GLIDE ブースに足を運んでくださいました。ご購入に至ったお客様、ありがとうございました。

また、混雑時ゆっくりとご説明出来なかった時もありました。申し訳ありませんでした。

来シーズンが楽しみですね。

VECTOR GLIDE 販売でおしまいじゃありません。
ユーザーを対象としたイベントの企画もあります。是非雪上でもご一緒しましょう。

by snowspyder30 | 2018-06-17 22:00 | Vectorglide

ARC’TERYX 2019 SS展示会。

ARC’TERYX 2019 SS展示会。
まだまだ2018SSシーズン真っ最中ですが、ARC’TERYXは2019年の夏が始まってます。
d0110562_09100221.jpg

d0110562_09100915.jpg

d0110562_09101781.jpg

d0110562_09102368.jpg
今回の会場はカナダ大使館じゃなかったんで、入り口で守衛に怪しまれる?ことはありませんでした。

by snowspyder30 | 2018-06-13 20:21 | ARC'TERYX

沢登り始めました。

沢登り始めました。

今回は当初は大人気の小川谷を予定してたけど、はじめての沢登りのお客さんがいたので、沢登り初心者も楽しい秦野市の葛葉川でした。
d0110562_06000959.jpg

d0110562_06001988.jpg
次々と現れる滝はガンガン登れちゃうのがここの楽しいところ。
d0110562_06003098.jpg
慣れない沢装備や沢での行動など、楽しみながら体験できます。
d0110562_06004002.jpg

d0110562_06005508.jpg
d0110562_06015730.jpg
とても楽しい沢登り。

新しいジャンルという人もいるけど、登山道ができる前は沢から山に登るスタイルがあったらしく、水の豊富な日本の登山スタイルの一つですね。
d0110562_06020790.jpg
今日は学生多かったな。

途中JK達が沢から下山の為に着替えてたシーンに出くわしたのにはドッキリしました。

ドッキリと言えば、山ビル結構いましたね。
被害はないけど。

個人的には山ビルには焼塩が一番最強です。
d0110562_06021746.jpg
帰りは秦野のなんつっ亭でラーメン食べて解散。

久しぶりのなんつっ亭でした。

次の沢登りは6月30日丹沢No.1の美渓小川谷。
ゲート空いてる最終日の土曜日です。


小川谷。

ご予約お待ちしてます。

by snowspyder30 | 2018-06-10 20:54 | 沢登りで山登り

今日は近所の良い山谷川岳。

今日は近所の良い山谷川岳。

南稜から一ノ倉岳まで。

パートナーは日バク(日本バックカントリースキーガイド協会)の仲間のIwo君。

いつもパートナーでご一緒してくれてありがとうございます!
d0110562_22052208.jpg
今日の核心はアプローチの暑さと詰めの悪さや詰めの長さでした。
d0110562_22052406.jpg

d0110562_22052681.jpg
疲れてヘトヘト。

一ノ倉岳に登り上げてもまだ終わらない。

今日中に下山するのだ。
d0110562_22052758.jpg
肩の小屋開いててラッキーでした。

命の水!

小屋番さん。ありがとうございます!
d0110562_22052812.jpg
時間かかり過ぎて、谷川岳ロープウェイの営業時間に間に合わず、歩いて下山する羽目に。

もうヘロヘロでした。

by snowspyder30 | 2018-06-04 22:03 | クライミング